体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【インドネシア・コーヒーの旅】そこかしこで見る日本語は品質の証? 「黒武士」「若いライフスタイル」「極度乾燥(しなさい)」

【インドネシア・コーヒーの旅】そこかしこで見る日本語は品質の証? 「黒武士」「若いライフスタイル」「極度乾燥(しなさい)」

『トアルコ トラジャ』プレスツアーから、ジャカルタ・マカッサル・トラジャの街ネタのレポートをお届けする“インドネシア・コーヒーの旅”。前回は渋滞天国ジャカルタのバイク版『Uber』のサービスをご紹介しました。

【インドネシア・コーヒーの旅】記事一覧

インドネシアの街中で、よく目にするのが日本語の文字や看板。特に日本人街や日本人向けの施設でなくても、けっこうな頻度で日本語を見かけるのです。

jktjpn2 jktjpn3

たとえば、一般的なガソリンスタンドの横に「ノリフミ NORIFUMI RACING MUFFLER」という自動車用マフラーや「くろぶし 黒武士」というペイントスプレーの看板があったり……。

jktjpn4

現地のパン屋さん“francis artisan bakery”の看板にわざわざ「フランシスアルチザン」とカタカナ表記があったりします。

これは、インドネシア人にとって日本の製品や食品は「品質がよい」というイメージがあるからだそうで、日本とは無関係なインドネシアの会社が、あたかも日本の会社のように日本語を使っていることもあるのだそう。

jktjpn5 jktjpn6

インドネシア国内のショッピングモールに出店しているファッションブランドの“wakai ライフスタイル”もその一つ。「若いライフスタイル」……。

jktjpn7 jktjpn8

店内には「ライブ」「イノベーション」「エクスープロア」というテーマが日本語で書かれていたり、子供向けのブランドには「KOHAI(後輩)」という名前を付けていたり、面白い日本語の使い方が目を引くのですが、あくまでインドネシアのブランド。シューズブランドとして始まり、洋服やカバンなども手掛けるアパレルブランドとして展開しています。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。