体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大阪グルメ】愛と煙の人情焼肉! 大阪で65年続くおばあちゃんちみたいな名店“新楽井”

煙が出ないことを売りにする焼肉店が、近頃増えてきた。しかし、そんな“焼肉のオシャレ化”に流されず、昔懐かしい炭火焼肉を食べさせてくれる名店が、今も愛され続けている。

「なぜ、焼肉無煙化のブームに乗らないんですか」
「おばあちゃんの昔からのやり方でやってるだけなんで」
「面白いですね」
「面白い、言うてくれたら何より」

大阪・鶴橋で65年続く名店、“新楽井”である。

おいしい、そして、おもしろい

かめば肉汁があふれるような、肉厚のハラミ、骨つきのカルビ、コリコリのミノ。秘伝のタレが、注文ごとに丁寧に揉み込まれる。

お肉は毎日その日のぶんだけ仕込み、新鮮、使い切り。タレだけでなくキムチも自家製。ダシは粉末タイプでなく干し魚などから取っている。

これが、伝統の味。“おばあちゃんの昔からのやり方”なのだ。が……

煙、すごすぎやろ!!

よって、ゴーグル貸し出し無料。このものすごい煙に、こんな面白い格好で対抗するところが大阪である。

ゴーグル焼肉、という新感覚体験

安くて美味しい焼肉を、面白い格好で。「おいしい、そしておもしろい」というコッテコテの大阪体験ができる“新楽井”には、大阪のお客さんが他の地域のお客さんを連れてくることが多いという。

ゴーグル貸し出しは無料、しかし「洗うのが間に合いまへん お一人ひとつでたのんます」とのこと。

煙から服を守るレインコートは100円(税別)、髪を守るヘアキャップは10円(税別)で購入できる。「においを少しでも防げたらもうけもん」とお店の説明書きにはあるが、筆者が個人的に試したところ、なかなかの効果があった。オススメする。おもしろいし。

ゴーグル焼肉はお客さんの発案

ゴーグル焼肉、というこのスタイルは、さすがにおばあちゃんが考案したものではなかった。煙もくもく、肉汁ジュージューのこのお店を愛する常連客たちが、自発的にゴーグルを持ってくるようになったことが始まりだという。

ゴーグル持参客の中には、先代・中村勘九郎さんもいたとのこと。店内には永六輔さんはじめ、著名人のサイン色紙やハガキなども並んでいた。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。