体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

イーモバイル、下り最大21Mbps HSPA+対応データスティックを発売へ

emobile_d31hw-02

イーモバイルは、HSPA+を採用した下り最大21Mbps通信サービスのスタートに合わせて、これに対応するUSBデータスティック『D31HW』を8月上旬に発売します。下り最大21Mbpsのデータ通信サービスは、東名阪および全国の主要政令指定都市から提供をスタート。2009年末までに全国人口カバー率60%以上のエリアで提供する予定。初期費用は『ベーシック』4万1980円、『新にねん』1万7980円(いずれも税込み)です。

emobile_d31hw-01

HSPA+(High Speed Packet Access Plus)はHSPAを拡張した通信規格で、イーモバイルが国内の通信事業者として初めて導入しました。下り最大21.6Mbps、上り最大5.8Mbpsの通信速度を実現します。

『D31HW』は、キャップのいらないスライド式コネクタを採用しました。最大16GBのmicroDHCカードに対応するカードスロットを搭載しているため、メモリーカードとしても利用することができます(このニュースの元記事はこちら)。
 
『D31HW』の主な仕様
通信方式:W-CDMA/HSPA+ 1.7GHz/21.GHz(国内ではイーモバイルネットワークのみ利用可能)
国際ローミング:対応する
対応OS:Windows Vista/XP SP2以降、MacOS X(10.4~10.5)
外部メモリ:microSDHCスロット(最大16GB)
サイズ:W28×D76.5×H28mm
重さ:25g
 
 

■こんな新製品ニュースもあります
ノートみたいに持ち歩ける『ポータブルフラットスピーカー』
新『LUMIX 』はスリム&ビビッド、キレイに撮れる大画面に
富士通、ネットブック『BIBLO LOOX M』シリーズをリニューアル

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。