体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【まさに修羅場】裏社会ライター・丸野裕行が見た!信用情報センターで繰り広げられる借金地獄の現場!

借金癖がある人というのはいる!

法律は改正され、年収の3分の1しか借金ができなくなったとはいえ、消費者金融各社のテレビCMの影響で、お手軽にお金が借りられるようになった。
債務整理者、自己破産者の数は相変わらずうなぎ昇りである。

そんな中、自殺などの最悪の事態を回避するために使えるのが、国内に33ヶ所ある信用情報センター。ここは、ローン等に関する借り入れ状況を把握し、審査を迅速化、過剰な貸付を抑止する機関である。

銀行やクレジット会社、全国の貸金業協会会員などにオンラインでつながり、階下には貸金業協会が併設されている。見た感じはさながら、病院の待合室のようだ。手続きさえすれば、貸付自粛の手続きもとれるので重宝する。
しかし、このセンターというのは、待合いにいる人間といえば、恐ろしい借金地獄の行きつく連中ばかり。
家族や夫婦など、驚くような怒号が飛び交い、日々修羅場が繰り広げられる。今回は、裏社会ライター丸野裕行が、目の当たりにした借金地獄の現場をお話ししたいと思う。

30分単位で情報を開示

この場所を訪れる人間たちは、身内に隠していた借金が露呈して、家族や知人に強制的にセンターに連れてこられた自己破産者予備軍が非常に多い。

開所10:00~16:00閉所までの30分単位で個人情報を開示、しかも完全予約制だ。裏社会ライターのオレは、センターの待合ベンチに座り、耳をそばだてていた。耳をふさぎたくなるような借金問題の口論が毎日繰り広げられている。

だが、ここで確認できるのは、どうも協会員の金融会社のみのようで、登録していない闇金融業者の借り入れは把握しきれず、借金癖が矯正しきれない者の地獄はそこからスタートするそうだ。

PCで原稿を書きながら待っていると1組目がやってきた。50がらみの男はまさに年貢の納め時といった顔だった。そのそばに立ち、鼻息が荒いのが妻らしき女。夫婦なのだろうか?
予約番号を告げ、口論がはじまった。

[女]
ロシアンパブなんかの女にハマってどないするんよ!」

[男]
「自己破産したらええやろ」

[女]
「子供たちにはなんていうの? 家かて取られて!」

[男]
「子供たちは、子供たちや。俺は俺、おまえはおまえや」

[女]
なにをわけのわからんことぬかしてるんよ!

[男]
「俺はエレナに惚れとるんや! 体の悪い本国の親を救ってやりたいんや!」

[女]
「エレナって源氏名やろ! 親救うって、その前に北方領土返してもらえ! このドアホ!」

いきなり、ヒールを脱いで男をタコ殴りにしはじめた女。「お母ちゃん、堪忍!」という男の絶叫が所内に響き渡る。おいおい、これは先が思いやられるぞ…、というかディープゾーンやな!

振り込め詐欺で借金をつくった母親

待合いには次々に、身内の借金の清算を願う人間たちがやってくる。まさか暴力沙汰が1組目から起きるとは思っていなかったオレはジュースを飲んで少し気分を落ち着かせた。

2組目にやってきたのは、母と娘

[娘]
「なんでそんなもんにダマされんの!」

[母]
「だって、オレオレ詐欺っていうたら息子を騙るし、まさか娘を騙ってくるとは思ってなかったんやもん」

すぐにはじまった話の筋を読むと、どうも母親が還付金詐欺に遭って、亡くなった夫の貯金と年金を貯めた全財産を失ってしまったらしい。そのうえ、借金までしたそうだ。それにしても、娘を騙る振り込め詐欺があるとは思いもよらなかった。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。