体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【お坊さんのお掃除スタイルvol.1】 吉村昇洋さん「典座さんのぴかぴかキッチン」

【お坊さんのお掃除スタイルvol.1】 吉村昇洋さん「典座さんのぴかぴかキッチン」

みなさん、こんにちは!「お寺カフェ 神谷町オープンテラス」の光明寺、僧侶の松本圭介と申します。

昨年末、ディスカヴァー・トゥエンティワンから『お坊さんが教える こころが整う掃除の本』を出版しました。掃除のテクニックに特別詳しいわけでもない私ですが、僧侶としてお寺で過ごす日々から学んだ「こころ磨きとしての掃除」について、一冊の本にまとめさせていただきました。内容は”町のお寺のふつうの掃除”が基本ですが、「掃除といえば道元禅師」ということで、『彼岸寺』の禅僧さんたちから伺ったお話なども盛りだくさんです。

で、本を書いてる途中に気がついたんです。お坊さんそれぞれお掃除観があって、話を聞いてみるとこれが皆、かなり面白い。

というわけで、この特集『お坊さんのお掃除スタイル』では、『彼岸寺』のお坊さんたちにお掃除観をインタビューしていきます。記念すべき一人目は、吉村昇洋さん。永平寺で修行したお坊さんに、「吉村さんと友だちなんです」というと「えっあの吉村さんと?」と驚きと尊敬(と恐れ?)のまなざしが返ってくる、そんな厳しくもお茶目な禅僧の吉村さんに、ご自分のお寺での日頃のお掃除について、改めてお話を伺いました。

ジャージなのに「お坊さんが掃除してる!」と言われる

松本:お坊さんが教える こころが整う掃除の本』にもご協力いただいた禅僧の吉村さんに、ふだんのお掃除に関してお話を伺います。その前に吉村さん、この写真は何ですか?

吉村:こんにちは、吉村です。私は広島市内にある普門寺という曹洞宗のお寺の僧侶で、精進料理を軸とした活動を行っています。その一方で、臨床心理士の資格も持っていて、平日には某精神病院の運営する福祉施設にも勤務しています。

そこでは自分が僧侶であることを隠しているわけでもないのですが、あえて言うこともないので、普段はふつうの職員として、ふつうの格好をして働いています。その施設では、毎朝1時間くらい掃除をするのですが、職員は皆、ユニフォームのジャージ姿のまま掃除するので、同じように私もジャージで掃除しています。今どき坊主頭の人も多いですし、精神科だとどうしても髪の毛を引っ張られるリスクもありますから、男性の場合、髪の毛を短くしている職員は割と標準なんですよ。なので、見た目は完全に、ふつうの職員です。

吉村昇洋さんのお掃除姿

そこにある時、メンバーさんが通りがかって、「あ、お坊さんが掃除している!」と言われたんですね。他にも、「なんか雰囲気が違う、一人だけお坊さんっぽい人がいる」とか。「お坊さん?」と聞かれたこともあります。とくに、箒で掃いているときに言われますね。やっぱり、修業時代に身につけた合理的な掃除の仕方、てきぱきとした動き方が自然と出てしまっているのでしょうか。というわけで、普段通りのジャージの掃除姿を撮影してみました。僧服じゃなくても、お坊さんっぽく見えます?

松本:見えますね……。何でしょうね、やっぱりどこからどう見ても、お坊さんですね。さて、吉村さんは永平寺での修行時代は、修行道場の台所である典座寮(てんぞりょう)に配属されていたそうですね。修行僧のために大鍋料理を一手に担う永平寺の典座寮とはまた勝手が違うと思いますが、吉村さんのいらっしゃる普門寺さんの台所はどんな感じなんですか?

お坊さんのキッチンはピカピカである

吉村:昨年、新しく庫裏を建て直して、精進料理のイベントができるように厨房を作ったんですけど、まだあまり使っていないのもあって、とにかくピカピカです。このまま永平寺の台所(典座寮)のようにきれいに整った状態を維持したいですね。典座では調理器具の仕舞い方や置き方が非常に合理的だし、整理整頓がきちっとされていて、道具を置く角度まで必ず決まっている。おかげで、次に使うときにも機能的に動けるんです。

吉村昇洋さんのお寺・普門寺の庫裏に新しく作られた厨房 吉村昇洋さんのお寺・普門寺の庫裏に新しく作られた厨房

といっても、永平寺は大寺院でスペースもたくさんあるので、家庭でやるならもっと工夫が必要ですね。使われていない空間があれば収納スペースに変えて活用するとか。その結果、本来ものを置かなくていいようなところにものを置くということもなくなる。調理の度に、面倒くさがらず所定の位置にものを戻すことができるか。使いにくいとか人の導線が悪いとか、合理的な作りでなければ片付けも続きません。そもそも無駄なものは置かない、使わないものは置かない、ということが大切なんですよ。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会