体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これが真のFES☆TIVEだ!赤坂BLITZで魅せたワンマンライブ「Brand New FES☆TIVE-#BNF0903-」

2017年9月3日(土)、赤坂BLITZにてお祭り系アイドルユニット「FES☆TIVE」のワンマンライブ、『FES☆TIVEワンマンライブ「Brand New FES☆TIVE-#BNF0903-」』が開催された。

5月にTSUTAYA O-EASTにて行われた4周年ワンマンライブから4ヵ月が経ち、今回のワンマンライブのテーマは、ライブタイトル「Brand New FES☆TIVE」の言葉通り”新しいFES☆TIVE”を魅せること。前回のワンマンライブは新メンバーの真野と白石が加入したてだったということもあり新鮮味溢れるライブだったが、2017年の一夏で団結し、成長したFES☆TIVEの”今の集大成”を目撃するべく、期待を胸に会場へ足を運んだ。

赤坂BLITZへ入場すると、なんと浴衣姿のメンバー等身大パネルがお出迎えしてくれた! FES☆TIVEのワンマンライブは、毎度推しているメンバーと記念写真を撮ることが出来るスペースが設置されており、ファンには嬉しい仕様となっている。更に浴衣ということで、ファンと共に駆け抜けて来た2017年の夏へ、「お疲れ様」とメンバーからの労りと感謝を感じるような気がした。

よく見るとオレンジ色担当の青葉ひなりだけ足元が裸足で、靴をはいていない。おそらくファンのほとんどが青葉のみが裸足であることに気が付いたのではないだろうか。なぜだろうかと考えていると、後ろから、ファンの誰かの「ひなりんまた忘れ物しちゃったのかな(笑)。」という声が聞こえた。本当の理由は迷宮入りだが、青葉の天然さが垣間見える等身大パネルだった。

物販会場では、メンバーの浴衣・私服写真が収められたA4パネルや、ワンマン記念Tシャツ、ラバーバンドが販売されていた。ワンマン記念Tシャツのデザインは、デジタルアーティストの「wataboku」が担当。今回もFES☆TIVEらしさ溢れる記念Tシャツとなった。

赤坂BLITZは超満員! いよいよ開演時間となり、会場中は期待溢れる緊張感に包まれた。するとスクリーンに突如ステージ袖で円陣を組むメンバーの姿が映し出された。「常に100%を見せないと、人の心は動かせない!せーの、ワッショイ!」という掛け声を皮切りに、お馴染みのSEがスタートした。SEに続きすぐさま1曲目「マジカルパレード」のが流れ、「このパレードはジャンプ、ジャンプ、ジャンプの曲となっております!」という桃原の言葉をきっかけに会場中のボルテージがヒートアップ! 会場中のファンがメンバーの掛け声に合わせて勢いよくジャンプをした。

続いて2曲目の「夏色とりどりリボン」、3曲目の「学祭エモーション」と続きMC。自己紹介をすると、いつものライブ以上に熱のこもった声でオーディエンスがニックネームを返した。「開演前は手が震えるくらい緊張して、言葉を出せば「ヤバイ」しか言えなかったけど、ここまで来たら全力で皆さんと盛り上がるしかないのでついてきてください!」という白石の言葉で、会場中に歓声が巻き起こった。メンバーもファンも、気合は十分だ!

曲は続き、最新シングル曲「ゴートゥーフェス☆」ではバックのスクリーンに、夏らしさたっぷりのフェスMVが映し出され、会場中が踊り狂った。

「ゴートゥーフェス☆」が終わるとダンスナンバーが始まり、普段は見ることの出来ないメンバーのクールな表情と、バキバキのダンスが披露された。身体能力の高いFES☆TIVEだからこそ出来るパフォーマンスだ。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。