ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

飛び交う銃弾・激しい水しぶき・空から墜落…… 驚愕の劇場体験『ダンケルク』を4DXで観賞してみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
bb-t3-0010_sub1

『ダークナイト』『インセプション』のクリストファー・ノーラン監督の最新作『ダンケルク』が、9月9日(土)より全国公開を迎えた。今回は、一足お先に体感型シアター4DXで本作を体験してきた筆者が感想&注目ポイントを紹介する。

『ダンケルク』ストーリー:
フランス北端ダンケルクに追い詰められた英仏連合軍40万人の兵士。背後は海。陸・空からは敵――そんな逃げ場なしの状況でも、生き抜くことを諦めないトミーとその仲間ら、若き兵士たち。

一方、母国イギリスでは海を隔てた対岸の仲間を助けようと、民間船までもが動員された救出作戦が動き出そうとしていた。民間の船長は息子らと共に危険を顧みずダンケルクへと向かう。英空軍のパイロットも、数において形勢不利ながら出撃。こうして、命をかけた史上最大の救出作戦が始まった。果たしてトミーと仲間たちは生き抜けるのか。勇気ある人々の作戦の行方は!?

『ダンケルク』の魅力を最大限に引き出す4DX

bb-06016

本作は陸・海・空で異なる時間軸をひとつのストーリーとして同時進行するのだが、セリフが非常に少ないことが印象的だ。視覚的にストーリーを追うことで、観客が一人の兵士として戦場にいるかの様に感じさせるためだ。4DXでは観るだけではなくカラダ全体で体験できるので、より一層リアルにその試みが活きてくる。

bb-tt-0006l

陸上のシーンでは防波堤に追い詰められ、銃撃、爆撃にさらされる兵士たち。4DXでは顔や耳の辺りを「風」がかすめるギミックになっていて、飛び交う銃弾を「風」で見事に表現している。「風」が発射される度にビクビクするほどリアルな銃撃が味わえるのだ。爆撃されるシーンでは座席が激しく振動し、その衝撃に驚かずにはいられないぞ。

bb-13169msg_sub6

海上のシーンでは、「水」が顔に噴射され目の前で水しぶきがあがる。水浸しになるほどではないが、緊迫感のあるシーンと相まって息苦しくなってしまうほど。「水」の演出は手元のスイッチでON/OFFを切り替えられるので、「水」がかかるのが苦手な人でも安心して楽しめる。

bb-t2-0044_sub2

ノーラン監督はCGを極力使わないことでも有名で、本作では英軍の戦闘機スピットファイアと独軍の戦闘機メッサーシュミットは実際に航空機を飛ばして撮影されている。主観カメラで描かれる空中戦は、誰もがうなる臨場感だ。4DXでは戦闘機の動きとリンクして座席が前後左右に動き、激しく揺れる。まるで実際に戦闘機に乗っているかの様な疑似体験ができる。あまりに激しく傾くので、筆者は座席から転げ落ちそうになったほど……。

2Dでも十分緊張感のある本作だが、まるで戦場にいるような臨場感を体全体で感じられるのは4DXならでは。『ダンケルク』の魅力を最大限に味わいたい方は是非4DXで観賞していただきたい。

映画『ダンケルク』オフィシャルサイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/dunkirk/

(c)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

しばざきだいすけの記事一覧をみる ▶
しばざきだいすけ

記者:

映画とアニメが好きな学生ライターです。最近はスニーカーにはまっています。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。