ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【格安SIM】iPhoneユーザーの18.9%とAndroidユーザーの46.6%が「2017年内」に導入検討 格安SIM検討者の意識調査

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【格安SIM】iPhoneユーザーの18.9%とAndroidユーザーの46.6%が「2017年内」に導入検討 格安SIM検討者の意識調査

MMDLaboは9月4日、格安SIMを検討している男女1072人を対象に調査した『格安SIM検討者の意識調査』の結果を発表。検討中の格安SIMの導入検討時期やこれまで格安SIMにしなかった理由、導入を検討している格安SIM事業者などが明らかになりました。

調査対象となったのは、15歳から59歳のスマートフォンを所有し、格安SIMを検討している男女1072人で、内訳はiPhoneユーザーが551人、Androidユーザーが521人となっています。導入検討時期について聞いたところ、iPhoneユーザーの18.9%とAndroidユーザーの46.6%が「2017年内」に導入を検討しているという結果が得られました。Androidユーザーはこの回答が最も多く、次いで「時期は未定だが検討している」(39.0%)、「2018年以降」(14.4%)となっています。iPhoneユーザーで最も回答が多かったのは「時期は未定だが検討している」(59.7%)で、以降は「2018年以降」(21.3%)、「2017年内」の順に。

mvno_survey2

今まで格安SIMにしなかった理由を複数回答可で調査した結果は、iPhoneユーザーでは「今契約している通信会社の2年縛りがあったか ら」(53.7%)、「iPhoneでも利用できるかわからなかったから/購入できない」(34.8%)、「格安SIMが何なのかよく分からなかったから」(32.1%)の順に回答が多い結果に。現在はiPhoneでも格安SIMが使える、という認知が進み、導入を検討するユーザーが増えてきたということでしょうか。

Androidユーザーでは「今契約している通信会社の2年縛りがあったから」(44.9%)、「格安SIMが何なのかよく 分からなかったから」(31.7%)、「通信速度がどのくらいかわからなかったから」(30.5%)の順に回答が多い結果となりました。通信速度を意識しているあたり、条件が合えばすぐにでも格安SIMに切り替えて利用したいという意向がうかがえます。

mvno_survey3

現在検討している格安SIM事業者を複数回答可で聞いたところ、iPhoneユーザーでは「Y!mobile」(47.7%)、「楽天モバイル」(46.3%)、「UQ mobile」(42.5%)の順に回答が多い結果に。Androidユーザーでは「楽天モバイル」(50.1%)、「UQ mobile」(31.5%)、「Y!mobile」(31.1%)という順番に。上位3社は変わらないものの、全体を見るとOSによって検討する事業者が異なるという結果が見て取れます。

格安SIM検討者の意識調査
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1659.html

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。