体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1日で作れる!職人が教える【美しい木工家具】の作り方

1日で作れる!職人が教える【美しい木工家具】の作り方

ホームセンターで入手できる木材で、木工家具をDIYしてみませんか?コツさえ掴めば、本格的な家具だって1日で作れちゃいます!家具職人の石川隆一さんが、『シェルフユニット』と『組み立て式テーブル』の作り方をレクチャーします。どちらの木工家具も、お洒落な見た目なうえに機能的。自分の生活空間にジャストサイズのものを作れるのは、DIYならではの醍醐味です♪

本格仕様で1日で作れる!

美しい木工家具をDIYしてみよう

© PIXTA

自分の生活空間にジャストサイズのものを作れるのはDIYならでは。ホームセンターで入手可能な木材をその場でカットしてもらってできる木工家具に挑戦しみましょう!
 
教えてくれた先生|石川隆一さん

家具職人。ICSカレッジオブアーツ卒業。MITSUBISHI CHEMICALJUNIOR DESIGNER AWARD2011にて日比野克彦賞受賞。http://ukechi-kagu.com/http://ukechi-kagu.com/

 

変幻自在!『シェルフユニット』

BOXの数や組み合わせ方はアイデア次第。

単体でも使える木箱を組み合わせて、部屋に合わせた形状や色に仕上げましょう。ボルトとナットでカンタンに木箱を接続。さまざまな形に組み合わせて使えます。
 

 

必要な材料はコレ!

【材料】

ラワン合板の3×6板×2枚(910×1820×15mm)

フランジボルト(M8×40mm)×32個

細ビス(35mm)×144本

紙ヤスリ(中目~細目)

ワトコオイル

 

[ホームセンターへ出す木取り図]

3×6板、厚さ15mmのラワン合板1枚で4個の箱ができる。2枚で9個できる計算に。※寸法は全てミリ単位
 

ホームセンターでカットした合材にドリルドライバーで穴を開けます。穴の位置は右側は縦40mm×横25mm、左側ふたつは上下縦横40mm。

 

4枚の合材を仮組み。このとき、写真のようにそれぞれの側面が互い違いになるように組みます。互い違いにすることで正確な正方形に。

 

1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。