ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スクリーンの角度や向きを自由に変えられるタブレットス・スマホタンド「Pukk」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スクリーンの角度や向きを自由に変えられるタブレット・スマホタンド「Pukk」が便利そう

タブレットやスマホでニュースや動画を見たり、メールをしたりする時、手で端末を持ち続けるのは面倒なもの。そこで、端末を支えるスタンドが活躍する。

しかし、どうせなら角度や向きを自由自在に調整できれば使い勝手がいい。そんな視点で米国シカゴのスタートアップが開発したのが「Pukk」。スタンドに端末をマグネットで簡単に固定できるというのも売りだ。

・ジョイントに鋼球

Pukkを使うにあたっては、まずは端末の背面に磁石プレートをくっつける。そうすることで、Pukkのアーム先に置くだけで端末がマグネットでピタッとくっつく。

Pukkにはジョイントが2カ所あり、そのジョイント部分には鋼球が入っている。なので、端末を好きな方向にぐりぐりと動かせる。

・ベースの空洞は貯金箱に

普通のスタンドの場合、角度調整ができないものが多い。しかし、端末を縦方向から横方向に変えることはしょっちゅうある。また、スクリーンに照明が反射したりで微妙に傾斜を変えたいときもある。そんなとき、Pukkならスタンドごと動かすのではなく、アーム先で角度や向きを微調整できる。

また、端末を支えるにはスタンドはどっしりとしていなければならないが、Pukkの場合、スタンドのベース部分の中が空洞になっていてその部分に硬貨を入れるようになっている。

このデザインは、Pukkを購入者の元に届ける際の送料を抑えられるようにとの配慮からで、開発元は「空洞スペースにコインを入れて安定感を出すとともに、貯金箱としても活用して」と説明している。

Pukkは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達中。現在、79ドル(約8600円)からで、日本へは25ドル(約2700円)で発送してくれる。端末スタンドを探している人はチェックしてみてはいかが。出資期限は10月8日まで。

Pukk/kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。