体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「父上はすごくよそよそしい」美人ではない継母への率直な感想 父への不満だらけで試練に耐える息子 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

見た目?性格?美人ではない継母への率直な感想

新嘗祭も終わり、いよいよ年末。夕霧はちょっと目移りはしたものの、やっぱり本命の彼女に逢いたくてたまりません。(日が経つに連れて雲居雁が恋しい。でももう、二度と逢えないんじゃないだろうか。)そんな悲観的な気持ちに支配され、すっかり引きこもりになってしまいました。

雲居雁がいる時は足繁く通った祖母・大宮の所へも、今は全く行かなくなりました。彼女と一緒に過ごした懐かしい部屋を見たらいろんなことを思い出してしまうし、おばあちゃんに慰められるのも辛いだけです。

源氏は夕霧の様子を見て(大宮さまもお年だ。万が一のこともあるだろう。将来のことを考えて、今のうちから妻達ともコミュニケーションを取らせよう。)早速、花散里に母代わりをしてもらうことにして、2人を引き合わせました。

善良な花散里は夕霧にも優しく接し、夕霧も穏やかで親切な継母に心を開きます。でも一方では(うーん、どう見ても美人ではいらっしゃらないなあ。おばあ様はもうお年で尼になっているけど、とても綺麗だし、雲居雁も、周りの女の人は全員美人だったから、”女の人=美人”だとずっと思ってきたけど。父上はよくこの人を奥さんの1人にしているなあ)。

老年の大宮が美人だという話は朝顔の話にも少し出てきましたが、孫も認めるこの美貌。それにしても夕霧が生まれてこの方、美人しか見たことがないと言うのはスゴイの一言です。

父上も直接お顔を見ないようにしてるみたいだ。でも、父上はこの方の心の美しさを高く評価して、とても大切にしていらっしゃるのだろう。確かに、僕も結婚するならこんな優しい人と結婚したい。でも、長年連れ添うわけだし、あんまり見た目が良くないのもなぁ。父上みたいに割り切れるようになるには、僕はまだまだだな……)

若い頃から美人ではないと表現されてきた花散里ですが、すでに女ざかりを過ぎ、年ごとに痩せて髪も薄くなっているさすがの源氏も直視するのは辛いらしく、わざと几帳を隔てて話すようにしているのを、夕霧は鋭くチェックしていました。すでに2人がセックスレスであることは以前に少し触れられています。

注目なのが、夕霧の継母が紫の上ではなく花散里だということ。ちい姫は紫の上に育てさせ、源氏と一緒に暮らしているのに何故でしょう。

源氏は夕霧と紫の上が親しくなるのを警戒していたのです。若い頃の自分のように、美しい義母に想いをかけでもしたら大変だと。この段階ではまだ「取り越し苦労では?」とも思いたくなるのですが、この源氏の男のカンは間違いではなかったことがのちのち明らかになります。

「何にもやる気がしない」孤独な少年の年末年始

年の暮れに、夕霧は久しぶりにおばあちゃんの元へ。大宮は、素晴らしいお正月の晴れ着をいくつも作って待っていました。もちろんそれは、あの浅葱色なのですが……。

夕霧は忌々しい浅葱色を見て「どうしてこんなに作ったの。お正月だって、僕は宮中のお年賀に行かないかもしれないのに」

大宮は「まあ、なんてこと言うの。若い子がそんな年寄りみたいなことを言うんじゃありません」。夕霧は「年は取ってないけど、最近はなんにもやる気がしないんだ」。相当ふてくされています。

おばあちゃんはそんな孫を叱咤激励。「たとえどんな身分でも、心は誇り高くなくちゃダメじゃない!だいたい、そんなにクヨクヨ悩むようなことでもないんだから」。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。