体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【検証】豆腐屋さんの本格豆腐とスーパーで39円の豆腐を食べ比べてみた

どうも、ライターのノジーマです。ジメジメとした日が続くとついつい毎晩冷たいお酒を飲みたくなってしまうのは僕だけでしょうか。今回はそんな夏の晩酌のおつまみには欠かせない冷奴の話題です。冷奴は日本酒にもビールにもよく合う素敵なおつまみですよね。

豆腐の薬味を食べ比べる会に参加してきた

ところで皆さんは冷奴には何をかけて食べていますか? 醤油をかける人もいればポン酢をかける人もいますし、僕の家ではめんつゆをかけて食べたりもしていました。さらに青ネギや生姜などの薬味も含めれば組み合わせは無限大。同じ冷奴でも食べ方によって全然味が変わるものなのです。

では一体どの調味料と薬味の組み合わせで食べる冷奴が最強なのでしょうか。そんな最強の薬味を決めるべく、いろいろな人が豆腐と薬味を持ち寄って食べ比べるイベントが友人宅で開催されるというので、僕も豆腐を持参して参加することにしました。

ウマそうな豆腐と薬味が揃う中、39円の豆腐を持ち込む男

会場に到着するとすでに大量の調味料と薬味、そして美味しそうな豆腐がズラリと並んでいました。おいおい、これは絶対幸せなやつじゃないか。お酒を飲み始めたら止まらなくなっちゃうやつだぞ。

そんな中、僕が会場に持ち込んだものはこちら。

その辺のスーパーで購入した39円の豆腐一丁。

ん、なんだ? 悪いか? 普段からよく食べてる豆腐だぞ。読者の皆さんも普段はこのくらいの豆腐を食べてる人ばかりなんじゃないの? そもそも本格的な豆腐と最底辺の豆腐の違いもわからなかったりするんじゃないの?

豆腐屋の本格豆腐と食べ比べをしてみることに

そこで、いきなり会の趣旨と脱線してしまいますが、豆腐屋さんが手作りした本格的な豆腐と39円の最底辺豆腐の食べ比べをしてみることになりました。

▲2種類の豆腐を比べてみると見た目の違いは明らか。写真手前が豆腐屋さんの本格豆腐で、写真奥が39円の最底辺豆腐です。

豆腐屋さんの本格手作り豆腐

豆腐屋さんの本格手作り豆腐はプルンプルンとした質感をしていて、少し衝撃を与えるだけで簡単に崩れてしまいそう。見た目だけでも繊細さがビシビシと伝わってきます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会