体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東大大学院→任天堂→個人開発者兼シェアハウス管理人という生き方 ”無謀者”の本音を聞いてみた

「”Life is a series of choices(人生は選択の連続)”という英語のフレーズがあります。仮にあなたが任天堂に入社したとします。10年後、あなたは転職または起業しますか?」

参考までに、任天堂は”新入社員の定着率が高い会社”の第5位にランクインしています。

就活生注目!3年後離職率が低いトップ200社(東洋経済オンライン)
http://toyokeizai.net/articles/-/150991?page=3[リンク]

任天堂の離職率が低いとはいえ、冒頭の質問に対する答えは人それぞれでしょう。元任天堂社員の渡部健氏(以下、渡部氏)は、転職でも起業でもなく、スマホ向けゲームアプリの個人開発とシェアハウスの管理人という一風変わった選択肢を選びました。渡部氏は2005年に東京大学大学院を卒業後、任天堂に入社。10年間の任天堂勤務後、2015年に任天堂を退職しイギリスへと語学留学。語学留学終了後、世界半周旅行へと出発。2016年の日本帰国後、個人でゲームアプリ開発及びシェアハウスの管理人を開始、というのが略歴です。そんな”無謀者(自由人にも変換可能)”の匂いが漂う渡部氏の本音を探るべく、いろいろと話を聞いてみました。

―任天堂を退職してまで、個人でのゲームアプリ開発やシェアハウスの管理人を始めたきっかけについて教えてください。

渡部氏:色々と理由がありまして、何か1つ大きなきっかけがあったというわけではありません。1つには環境を変えたかったというのがあります。会社に10年務めるうちに、5年後はだいたいこんな事してるんだろうな、10年後はこんなだろうなとだいたい先が想像できるようになってしまいました。それに対して少し退屈に感じていたので辞めることにしました。

ゲーム開発に関しては会社にいると自分のアイディアだけで1本ゲームを作るのは難しいですし、開発の指揮をとれるようになる人はごく少数です。個人でゲーム開発をすれば、自分でやりたいようにできるというのが魅力で始めました。またコンソールゲームだと完成までに短くても1年、長いと数年は掛かってしまいます。物事を習得するのにはPDCAサイクルを繰り返していくことが重要だと思うのですが、開発期間が長くなるとPDCAサイクルを回せる回数が少なくなってしまいます。ゲーム開発者としてのスキルアップのためには、短いスパンでゲームをたくさん作ったほうが得だと思ったのも個人開発を始めた理由の1つです。

もちろん会社を辞めて個人でゲーム開発をすることに不安がなかったわけではありません。しかし、自分の友人達で会社を辞めて色んな事にチャレンジする人を見ていたら不安は薄らぎました。そういう人達って、金銭的収入が不安定でも人的資産が多くて、多くの人に助けられながら幸せに生きているんですね。人的資産さえあれば、金銭的に不安定でもなんとか生きていけるんだなぁと感じて、勇気づけられたというのがあります。

シェアハウスに関しては、もともと私は個人でゲーム開発をしていると人と会う機会が少なくて鬱になりそうだったのでシェアハウスに住んでいました。それが快適だったので自分でも始めてみようかなと思っていたところ、たまたま良い物件が見つかったので始めました。場所を京都にしたのは、京都で10年働いていたので京都に友人知人が多かったこと、その当時京都にはギークハウスがなかったからです。

―20~30代の人に「東大大学院から任天堂に入社したとします。10年後にあなたは転職しますか?」という質問を投げると大多数の人がノーと言うのではないかと思います。イエスと答える少数派に対してなにかアドバイスはありますか?

渡部氏:自分が何をするのが好きなのかということと、何をしているときが自分のポテンシャルを一番発揮できるのか? というのを考えるのが良いと思います。自分が楽しく簡単にできることで他人が幸せになってくれるのが一番幸せなことだと思うので。なんか楽しくないとか、もっと楽して他人を幸せにできる方法があるって感じたら会社を辞めるなり、何か変化を求めるのが良いと思います。けど、まあ、何が自分に向いているかって、色々経験しないと分からないので、ちょっと会社辞めてみて、駄目だったら頭下げて出戻りするってのもありなのかなぁって思います。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。