体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Kawaiiだけじゃない京都 インスタには“ことば”盛りでいこう!

海外からの観光客もたくさん訪れる京都。
“Kawaii”はもはや海外でも使える言葉になりました。
日本独自の色彩感覚をもった“Kawaii”ものを京都でたくさん見つけたとしても、ただ“Kawaii”とインスタやSNSに投稿するだけじゃ芸が無い!
その“Kawaii”の理由や背景のエピソードで盛ることで、その魅力を最大限にアピールしよう!

というわけで、今回は京都のかわいいもの、インスタ映えするものをただお見せするだけではなく、“ことば盛り”ポイントを合わせてご紹介していきます。

かわいくってよくばり!祇をん 豆寅の豆すし

ふたを開けた瞬間、思わず声がこぼれるほどのかわいさです!
しかし、ここで、ただ「京都で豆すし!かわいい〜」と投稿してはなりませぬ。

●ことば盛りポイント●
・祇園の舞子さんのおちょぼ口でも食べられるサイズの、豆すし
・実は銀座にも豆寅はあるけれど、豆すしは京都のココだけ!
・季節に合わせて微妙にネタがかわる

ちなみに2017年7月19日の献立はこんな感じでした。
鮎の塩焼きには夏らしく、“蓼酢(たです)”が添えられていました。

豆すしの詳細はこんな感じ。

ぱっと見、「少ない」印象ですが、ひとつひとつをじっくり味わっていくと、最後は良い感じにお腹も心も満たされます。

金の百合亭 夏限定抹茶パフェ

京都に来たら、食べたくなるもの…抹茶スイーツ!

●ことば盛りポイント●
・「夏涼み」という名前のこのパフェは7月から8月の期間限定
・朝顔の花と葉は和菓子の練りきりで出来ている
・金の百合亭では、他にも季節によって年8種の抹茶パフェが登場
・毎日限定20食くらい
・注文を受けてからマスターがひとつひとつ仕上げます
・八坂神社の目の前というロケーションながらクラシックが流れ、落ち着く店内

パフェの詳細はこちら。

うーん、また食べたくなってきました!
他にも自家製シロップのかき氷やこだわりのコーヒーなど、魅力的なメニューがたくさん。
何度も足を運びたくなるお店でした。

インスタ映え最強!? でも、ハートじゃないんだな、これが。

かわいいモノ好きの諸君が、ばったばったと倒れていく姿が目に浮かぶようだ…!
だが、この窓をハート形と思ったら大間違いだ!

●ことば盛りポイント●
・ハートではなく”猪の目”という1400年前からある歴史ある文様
・なので、”猪の目の窓”という名前
・猪の目の形であるという説の他に、お釈迦様が悟りをひらいた際にそばに生えていた菩提樹の木の葉の形であるという説がある
・ありがたい魔除けの文様
・この猪の目窓がある『則天の間』は2017年3月に完成したばかり
・京都宇治の正寿院というお寺の敷地内にある

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy