体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「子どもだと思って油断していたのが間違いだった」愛人宅で聞いたヒソヒソ話に大激怒! 言い聞かせてもわからない14歳の娘 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

楽しい一家団らんの影に潜む、父の思惑

源氏と頭の中将、両者の昇進パーティーが一段落ついた秋の頃。頭の中将は久しぶりに実家を訪ね、雲居雁を呼び出して琴を弾かせます。大宮は諸芸に通じていて、孫娘にもよく教えていました。

雲居雁は14歳。年よりも幼く可愛らしく、精巧に作られたお人形のようです。珍しくお父さんが自分に構うのでちょっと恥ずかしいのですが、言われるままに一生懸命琴を弾きました。

頭の中将は自分も和琴を取り、大宮には琵琶を勧めながら「源氏の君が大堰に隠している明石の君という女性は、琵琶の名手とか。田舎育ちなのに、独学でマスターしたにしては珍しいほどだそうですよ」。大宮も「そうそう。姫君を産んだあとは紫の上に預けられたそうで、幸運な上にとても思慮深い方のようね。感心だわ」。

頭の中将は話を本筋に寄せて「そうですよ、女の出世は心がけ次第です」。続けて、長女の弘徽殿女御が源氏の養女・秋好中宮(斎宮女御)に出し抜かれた後悔を語り、雲居雁を皇太子妃にしたいと打ち明けます。源氏が紫の上に養育させている明石の姫君(ちい姫)も、必ず皇太子妃を狙ってくる大宮も自分の家系から中宮が出ることに期待し、息子の意見に同調します。

おしゃべりと音楽が続く楽しい一家団らん。大宮は息子も孫もとても可愛く思います。そのうちもう一人の孫、夕霧がやってきました。夕霧も3人と同じ居間に通されますが、頭の中将は素早く雲居雁との間に几帳を置いて顔を見せないように隠しました。

「やあ夕霧。最近はあまり会わないね。君のお父さんはどうしてそんなに学問をさせたいんだろうねえ。部屋にこもってばかりで気の毒に。時々は勉強以外のこともしてごらん。笛を吹くことだって、立派な勉強だよ」。

夕霧は言われるままに笛を吹き、興が乗った頭の中将は合わせて歌い、その後は一緒に食事をしますが、この間に雲居雁は部屋に返されています。親族の楽しい集いに見えて、その実、娘と甥をさりげなく確実に隔てる父親の手が働いているのがとても面白いところです。

しかし事情を知っている女房たちは「なんだか悪い予感がするわ」と囁いていました。フラグが立ったぞ!

「油断していた!」愛人のところで聞いたヒソヒソ話に大激怒

夜も更けた頃、「せっかく久しぶりに来たんだし」と、頭の中将はこっそりと愛人の女房の部屋にしけこみました。事が終わってそっと部屋を出ようとすると、他の女房部屋からヒソヒソ声が。どうも自分のウワサをしているようです。

「偉そうにしてらっしゃるけど、やっぱり親バカね~。なんにもご存じないんだから。だって、夕霧さまとお嬢様は……ねえ!」

頭の中将はその一言ですべてを悟り、「なんてことだ。ああ情けない。仲がいいからもしやと思っていたが、子どもだと思って油断していたのが間違いだった……」。彼は動揺しつつ、音も立てずに忍び出て牛車に乗りました。源氏といいこの人といい、遊び人と言うよりは忍者のようなテクですね。

女房たちは供人の「殿のお発ち~」の声に「えっ?まだお帰りじゃなかったの?」「まだ浮気歩きにご熱心なのね」とビックリ。ウワサをしていた張本人たちは「どうしよう、聞かれたかも?面倒なことにならなきゃいいけど」。残念ですが、殿はバッチリ聞きましたよ!

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy