ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【感動】小学一年生男子が書いた日記「てんしのいもうと」に日本中が号泣 / 涙が止まらない

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
image1

ふだん世話になっている家族に、言葉では伝えにくい感謝の気持ちを作文にする「いつもありがとう作文コンクール」の作品が、インターネット上で大きな話題となっている。

・涙が止まらない人たちが続出
当時、小学一年生だった松橋一太くんの作文が、あまりにも感動する内容だったため、涙が止まらない人たちが続出しているのである。その内容は、一太くんの妹に関するもの。以下は、その作文の内容である。

・松橋一太くんの日記 / てんしのいもうと(小学一年生 / 新潟県柏崎市)
ぼくには、てんしのいもうとがいます。よなか、ぼくは、おとうさんとびょういんのまちあいしつにすわっていました。となりにいるおとうさんは、すこしこわいかおをしています。いつも人でいっぱいのびょういんは、よなかになるとこんなにしずかなんだなあとおもいました。

すこしたってから、めのまえのドアがあいて、くるまいすにのったおかあさんとかんごしさんがでてきました。ぼくがくるまいすをおすと、おかあさんはかなしそうに、はをくいしばったかおをして、ぼくのてをぎゅっとにぎりました。いえにつくころ、おそらはすこしあかるくなっていました。ぼくは一人っこなので、いもうとがうまれてくることがとてもたのしみでした。おかあさんのおなかにいもうとがきたときいてから、まいにち、ぬいぐるみでおむつがえのれんしゅうをしたり、いもうとのなまえをかんがえたりしてすごしました。

ごはんをたべたり、おしゃべりしたりわらったり、こうえんであそんだり、テレビをみたり、いままで三人でしていたことを、これからは四人でするんだなあとおもっていました。でも、はるやすみのおわり、トイレでぐったりしながらないているおかあさんをみて、これからも三人なのかもしれないとおもいました。さみしくて、かなしかったけど、それをいったらおとうさんとおかあさんがこまるとおもっていえませんでした。

ぽかぽかのあたたかいひ、ぼくたちは、ぜんこうじさんへいきました。いもうととバイバイするためです。はじめて四人でおでかけをしました。ぼくは、いもうとがてんごくであそべるように、おりがみでおもちゃをつくりました。「また、おかあさんのおなかにきてね。こんどはうまれてきて、いっしょにいろんなことしようね。」と、てがみをかきました。

ぼくは、てをあわせながら、ぼくのあたりまえのまいにちは、ありがとうのまいにちなんだとおもいました。おとうさんとおかあさんがいることも、わらうことも、たべることやはなすことも、ぜんぶありがとうなんだとおもいました。それをおしえてくれたのは、いもうとです。

ぼくのいもうと、ありがとう。おとうさん、おかあさん、ありがとう。いきていること、ありがとう。ぼくには、てんしのいもうとがいます。だいじなだいじないもうとがいます(作文ここまで)。

・家族愛に敬意を表したい
大人でさえ、冷静に受け止められない現実。当事者でなければ、決して知ることができないあまりにも悲しい出来事。一太くんは現実を受け止め、純粋で、前向きで、そして家族を抱擁する立派な気持ちを持ち、それを作文で表現した。彼の家族愛に敬意を表したい。

もっと詳しく読む: (バズプラス Buzz Plus)

参照: 第10回入賞作品 / いつもありがとう作文コンクール

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。