ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

フィリップスが電気シェーバー最上位モデルの新製品『S8980/13』とスタンダードモデル『5000シリーズ』の日本向け新色を発表

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

フィリップスが電気シェーバー最上位モデルの新製品『S8980/13』とスタンダードモデル『5000シリーズ』の日本向け新色を発表

フィリップス エレクトロニクス ジャパンは8月3日、『フィリップス新商品発表会 2017』を開催。9月1日に発売する、電気シェーバーの最上位モデル『9000シリーズ』の新製品『S8980/13』を発表しました。

s8980_2

s8980_3

最上位モデルの高機能を踏襲しつつ、購入しやすい価格帯の製品で、想定価格は2万2800円(税別)。フロントパネルにブルー、側面にシルバーのカラーを採用しています。

s8980_4

1枚目の刃でヒゲを根元から持ち上げて、2枚目の刃でカットする『スーパーリフト&カット』に対応。

s8980_5

V字形状の外刃がヒゲを最適な位置にガイドしてカットする『ダブルVトラック刃』、3個のヘッドが8方向に自由に動いて肌に密着する『8方向輪郭検出ヘッド』、バッテリーの残量やトラベルロックなどの情報をフロントパネルに表示するインタフェースといった最上位モデルの機能が利用可能。

肌が乾いた状態でのドライシェービングにも、シェービングジェルやフォームを使ったウエットシェービングにも対応し、使用後は水洗いができます。消費電力は9W。約1時間で満充電になり、使用時間は約50分。

8月31日までに予約購入した人には、全員に5000円をキャッシュバックするキャンペーンを実施します。詳細はキャンペーンページを参照のこと。

新商品S8980/13先行予約キャンペーン実施中!
https://www.philips.co.jp/c-m-pe/face-shavers/reservation-1707

s8980_6

スタンダードモデルの『5000シリーズ』には、日本向けのオリジナルカラーとして、フロントパネルにシルバーを使用した新モデルを9月1日に発売することを発表。側面にレッドを使用した『S5214/06』とブルーを使用した『S5215/06』は想定価格1万1800円(税別)、側面がブラックの『S5072/06』は想定価格1万800円(税別)です。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。