体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』日本語吹替声優・森川智之&山路和弘がモンスター映画の魅力を語る!

『魔人ドラキュラ』(31)、『フランケンシュタイン』(31)など、その歴史のはじまりから今日まで人々を魅了し続けてきたユニバーサル・スタジオのモンスター映画を、次世代向けにリメイク・シリーズ化するプロジェクト「ダーク・ユニバース」。そのシリーズ第一弾にあたる『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』が7月28日(金)より公開となります。

本作で、主人公ニックを演じるトム・クルーズの日本語吹替を担当しているのが声優の森川智之さん。ヘンリー・ジキルを演じるラッセル・クロウの日本語吹替を山路和弘さんが担当しています。今回はお2人に、作品について、名優の声を演じるということについて色々とお話を聞いてきました。

―映画楽しく拝見しました! お2人が映画をご覧になった率直な感想を教えていただけますか?

森川:夏にピッタリな。この夏はこれだけ観ていれば十分なんじゃないの? というくらいに、冒険もアクションもミステリーもつまっていて。MX4D、4DXでも観てみたいですし、映画館に観にいくべき映画だと。トム・クルーズとしても、ここまでふんだんにギャグが散りばめられている作品って珍しいので、演じていてとても楽しかったです。トムがこんなにギャグをやるのは『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』(2008)以来じゃないかな(笑)。

山路:映画館で観たほうが良いのは絶対だね。映画館で楽しい大迫力もありながらも、冒険ストーリーとしてべちゃべちゃしていなくて、カラッとサラッとしてるんですよね。砂漠だけに。

森川:おっ、冴えてますね(笑)。

山路:(笑)。しかし、ラッセル・クロウが楽しそうでしたね! 生き生きと演じていた。トム・クルーズと仲良しなのかな? って思うほど楽しそうだった。

森川:本当に楽しそうでしたよね! トム・クルーズとはおそらく初共演だと思うのですが、良い雰囲気でした。あと暴れるシーンもあって、「皆さんが観たいラッセル・クロウ」が存分に出ていたと思います。

―本作でのトム・クルーズは少しチャラくて軍にいるとはいえ普通の人間で、ラッセル・クロウはずっとニヤニヤしていて、いつもとは違う一面が出ていたと思います。日本語吹替の演技で難しかった点はありますか?

山路:ラッセル・クロウは元々色んな役をやる方なんですけど、実は演技では微妙な違いしか出してないんですよね。そこが彼が名優たる理由だと思うんです。本作では、ヘンリー・ジキル博士からハイドになる時に楽しそうにニヤっとする。そのあたりの面白みというのは意識しました。ラッセル・クロウの声を演じるのは久しぶりだったので、どんな年の取り方をしているのかな? とか楽しみではありました。不思議とラッセル・クロウが真面目な演技をする時には俺には話がこないんですよ(笑)。

森川:トム・クルーズは、皆さんの中にイメージが強くある人じゃないですか。「2枚目のハリウッドスター」という。そこは彼も分かっていると思って、「いつもと違う自分を観客に見せたい」遊び心というのを本作から感じました。セリフの言い回しもいつもとちょっと違うというか、すごく素っ頓狂な声出したりするんですよ。これは相当楽しく撮影したんだなというのが垣間見えたので、良い意味で楽に、力を抜いて演じさせていただきました。

―森川さんは山路さんが声を担当したヘンリーに、山路さんは森川さんが声を担当したニックにどんな印象を抱きましたか?

森川:まず「俺がジキル博士だ」って自分で言ったー! ってのが興奮しました(笑)。

山路:あはは、言った言った(笑)。

森川:そういうセリフ回しとかも含めて、そういう面白い個性的なキャラクターって素敵だなと思い、さらにそれをラッセル・クロウが演じているからこそ魅力的なのだと思いました。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。