体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

教室から「脱出」せよ! リアル脱出ゲームに参加してきた

廃校脱出

6月の半ばに『世田谷ものづくり学校』で開催されたイベント、『廃校脱出シリーズ2 ~図工室からの脱出~』に参加してきました。このイベント、flashで作られ一大ブームを巻き起こしたアドベンチャーゲームがベースになっており、なんとそのゲームを“体験”できるという貴重なモノなのです。そんなわけで早速、三軒茶屋駅から徒歩15分ほどの場所にある開催地へと向かいました(脱出ゲームの説明はこちら)。

教室の中央に並べられた机と椅子、そしてそこに座る選ばれた参加者達。室内には意味ありげなアイテムの数々が散らばっており、集まった22人は期待と興奮の入り混じった目でそれらを物色しています。しかし圧迫感や息詰まる感じはまったくなく、若い女性が多いせいもあってか雰囲気は和らいだもの。
すると突然、歓談が続く教室に大きな音が鳴り響きました。その音とともにゲームの進行役が姿を見せます。そして告げられたのです、我々はこの教室に閉じ込められたことを。

廃校脱出

進行役が状況やルールを説明し終えると、22人は手近な“謎”へと一斉に手を伸ばし始めました。部屋の隅のほうに目をやると、天井からぶら下げられたカゴ、そしてそれに関連しているかのように「KNOCK」と記されています。

廃校脱出

机と椅子をどかした床には「ケンカキ、アエイ、ツサイ、ンタイコウニ」など適当に配列されたかのようなカタカナが。しかしそれが何を示しているのかは、開始から間もない現時点では判じることができません。

廃校脱出

壁に並べられたインテリアを物色していると、天板の裏に貼り付けられたコインを発見しました。他の方々も定規、ドライバー、ブロックなどなど、様々なアイテムを発見していきます。体を動かし、何かを期待し、発見して喜ぶ。こういったことを教室で繰り返していると、童心に返ったような気持ちに。

廃校脱出

大小さまざまなイラストが散りばめられたボードを発見するも、どのように扱っていいのか分かりません。そのため、22人で手分けしながらあらゆる可能性を思考し、試していきます。

廃校脱出

根気よく、一つ一つ丁寧に謎を解いていくと一歩先が見える。そしてまた謎が立ちふさがり、全員で頭を悩ませ、体を使い、そしてまた一歩進むのです。これが本当に簡単すぎず、しかし飽きさせないタイミングで解決してくのです。

廃校脱出

机の上で声をかけあいながら作業をする人、後ろから黒板を眺めてその文字に何か隠されていないかチェックする人、全ての情報をまとめている人など、自然と役割が分担されていくところが興味深いです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。