体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『真実のビートルズ・サウンド完全版』ベストセラー記念対談 川瀬泰雄 × 野口広之(ギター・マガジン元編集長)

ビートルズのサウンドや楽器の演奏の仕方を解き明かした史上初の『真実のビートルズ・サウンド完全版 全213曲の音楽的マジックを解明』(リットーミュージック)。4月13日の発売以降、Amazon部門別ランキングの4冠も達成するなど話題を振りまいている本書ですが、今回ベストセラーを記念して、著者でありビートルズ研究家の川瀬泰雄さんと編集を担当した野口広之(ギター・マガジン元編集長)による対談をお届けします。

野口 今日はAmazonの3部門のランキングで1位をキープしていますが、4冠のときもあったんですよ。それにしても分厚い本(厚さ32mm)になりました(笑)。

川瀬 かなり(野口さんに)カットされた原稿もあるので、あれが入ってたら800ページくらいになっていたかもしれませんね(笑)。

野口 この本の前に、2008年に学研新書で『真実のビートルズ・サウンド』を出されていますよね?

川瀬 自分としては今回のような完全版を作りたかったけど、「新書版」で出すことが最初に決まっていたので、どうやったら少ないページの中に面白い文章を詰め込めるか常に考えていましたね。けっこう話題になってくれて、発売から1週間もしないうちに、僕のところにも続々と反響が届いてきました。今回は反響が遅かったんですよ。なんでだろうと思ってたら、発売後しばらく経ってから聞こえてくるようになりましたよね。本がすごく厚いから、読者の「読了時間」が前のときと違ったんですね(笑)。

野口 あはは! 確かにこの本を最初から最後まで読み終えるのは、簡単ではないかもしれないですね。自分の好きな曲から読み始めるのもいいですよ。だって半分「事典」のようなものですからね。Amazonのレビューの中に、すごく嬉しい感想があって。「ギターを片手にページをめくりながらCDを聴く。今まで聞こえなかった音が聴こえてきます。そしてギターでつま弾いてみる。楽しめる本です。」って。

川瀬 僕自身、リアルタイムでビートルズのコピーをしてて、サウンドを研究してましたが、当時はモノラルで、プレイヤーもかなりいい加減なポータブル。細かい音なんてぜんぜん聴こえてなかったんです。それが今はステレオだしヘッドフォンの性能もものすごくあがって。原稿を書きながら音を聴き返すわけですが、「あれー? こんな音もあんな音も聴こえてくる!」って、びっくりするわけですよ。

野口 サウンドが全然違うんですよね。

川瀬 どうせやるならちゃんとやりたい。研究して、書き留めたことを、人に言いたくて仕方ないんですよ(笑)。

野口 原稿を書いていた期間は8カ月くらいでしたが、実際どんな毎日でした?

川瀬 嫌いになりそうだった! あまりにも毎日毎日ビートルズを聴いてたから。でもそうならないのがビートルズのすごいところですよね。2008年に本を出した後、2009年にオリジナル・アルバムのリマスター版が出たんですけど、そうしたらまた余計なものが聴こえるようになっちゃって。もうイチから書き直すしかないと諦めて、毎日CDを聴きながら、ギターで確かめながら弾いて、「あ、確かにこの音だ」って気づいて、書いて、の毎日でした。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。