体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

銀座にコンセプト店オープン! 洋食との相性抜群のケンタッキーウイスキー『Maker’s Mark』ハイボール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1780年にサミュエル家がケンタッキーに移り住んで以来、機械まかせにせずできる限り人の手でつくるを信念にバーボンウイスキーを送り続けている『Maker’s Mark(メーカーズマーク)』。それを日本人好みのハイボールなどで味わえる『Maker’s Mark CRAFT HIGHBOLL STAND』が東京・銀座に2017年7月18日にオープンしています。
ここでは、『Maker’s Mark』ならではの美味しいハイボールの飲み方や、変わり種のメニューなどを紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『Maker’s Mark』といえば、赤い封蝋(包装)が特徴的ですが、これは一本一本手で巻いており、どれもが世界で一本しかないもの。また、パッケージのラベルも6代目のビル・サミュエルズ・シニアの妻マージがデザインし、蒸溜所にある古い印刷機で刷られています。
また、冬小麦から蒸溜した華やかな香りとまろやかな甘みが独特で、発売元のサントリーの担当者は「日本人のテイストにも合う」といいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『Maker’s Mark CRAFT HIGHBOLL STAND』のクラフトハイボール(550円・税込)は、オレンジピールを添えて飲みます。1対4のソーダ割はすっきりとしつつウイスキーの深みも感じさせるので、そのまま飲んでも十分美味しいのですが、「オレンジピールを加えると劇的に味が変わる」とのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、小皿に添えられたオレンジの皮を手にします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コツはグラスからちょっと離したところでギュッと絞ること。担当者によると、オレンジの苦味は下部から出て、上部から酸味や甘みが出るということなので、その美味しい部分だけをハイボールにかけるとより美味しいといいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あとは、そのまま皮ごとグラスに入れればOK! 実際オレンジピールを加えるだけで、涼やかな香味がプラスされて別モノといっても良い味に変わりました。最初はそのまま飲んで、二口めからはオレンジピールを入れて変化を楽しむというのも良いかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1 2次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。