体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンダー100万円どころか「アンダー50万円」の旧型BMW 1シリーズって正直どうなんだ?

▲一部の年式&グレードは「車両価格50万円以下」という超お手頃プライスでも狙えてしまう旧型BMW 1シリーズ。お安いのは結構だが、実際買うとなるとどうなのか? いろいろ検討してみましょう

▲一部の年式&グレードは「車両価格50万円以下」という超お手頃プライスでも狙えてしまう旧型BMW 1シリーズ。お安いのは結構だが、実際買うとなるとどうなのか? いろいろ検討してみましょう

確かに価格は魅力的だが、いくつかの問題点も?

「人生には上り坂、下り坂、そして“まさか”という3つの坂があります」というのは昭和の結婚披露宴における定番おやじスピーチだが、輸入中古車の世界でも希に「まさか」という車種(商品)が登場する。

例えば、それは旧型BMW 1シリーズだ。

旧型1シリーズの中古車相場が今やけっこうお安いことは、車好きならよくご存じだろう。そして車にさほど詳しくない人も、なんとなく「まぁそんな高い車ではないのだろうな」ぐらいの認識はあるはずだ。

しかし安いといってもコレ、「実は車両価格50万円以下でも狙えてしまうんですよ」と聞かされたら「まさか!」と驚く人はそれなりに多いのではないだろうか?

そう、旧型(初代)BMW 1シリーズは今や車両価格50万円以下のメチャ安時代に突入しているのである。それもオンボロ系の物件ではなく、走行4万km台までのまずまず悪くない条件の中古車が、である。

これはもう「お手頃予算でちょっとしたヨーロッパ車を買ってみたい」と考えていた人は猛烈に注目するしかない事態と思われる。しかしながら当然、物事すべて光があれば影もあるように、車両価格50万円以下の旧型BMW 1シリーズにもいくつかの検討すべき課題はある。

そこんとこって正直どうなのか? 次章にて一つずつ検討していこう。

▲旧型BMW 1シリーズは04年10月に登場したいわゆるCセグメント(フォルクスワーゲン ゴルフぐらいのクラス)に属するプレミアムコンパクト。同セグメントでは唯一となるFRレイアウト採用モデルだ

▲旧型BMW 1シリーズは04年10月に登場したいわゆるCセグメント(フォルクスワーゲン ゴルフぐらいのクラス)に属するプレミアムコンパクト。同セグメントでは唯一となるFRレイアウト採用モデルだ

▲基本となるグレードは1.6L直4エンジンを搭載する116iと、2L直4搭載の118iおよび120i。その他、最高出力265psの3L直6を搭載する130iも途中から追加されている

▲基本となるグレードは1.6L直4エンジンを搭載する116iと、2L直4搭載の118iおよび120i。その他、最高出力265psの3L直6を搭載する130iも途中から追加されている

やや非力な116iでもOKとするかどうか?

検討課題その1は「車両50万円以下で狙える比較的低走行な旧型BMW 1シリーズは、そのほとんどが116iである」ということだ。

前章の写真説明文で述べたとおり、旧型1シリーズの主なグレードは116i/118i/120iの3種類に分けられるが(その他、強力な3L直6を積む130iもありますけど)、そのなかの最もベーシックな1.6L直4エンジンを積む116iが、この価格帯での主たるターゲットとなるわけだ。

で、ぶっちゃけこの116iはやや非力である。

▲写真は116iではなく08年以降の120iだが、1.6L自然吸気の116iは決して「速い!」という類の車ではない

▲写真は116iではなく08年以降の120iだが、1.6L自然吸気の116iは決して「速い!」という類の車ではない

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。