ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国がユネスコに申請した韓国版『ねぶた祭り』 実は「歴史が無い」「日帝残滓」などと言われていた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

青森の伝統ある『ねぶた祭り』が韓国に模倣され、韓国発祥の『燃灯会(燃灯祭のこと)』としてユネスコに登録されそうだと、インターネット上で騒ぎとなっている。

ことの発端は、3月30日に行われた韓国文化財庁の発表。それによると、韓国の代表的な伝統文化遺産として『キムチ文化とキムチ』『燃灯会』をユネスコ人類無形遺産に、李舜臣(イ・スンシン)将軍の『乱中日記』『セマウル運動記録物』を世界記録遺産に申請したという。

このうち『燃灯会』は、新羅時代から伝わる仏教のお祭りで、現在は毎年ソウルで大規模な燃灯行列が行われている。最近、韓国の重要無形文化財に指定されたことから、今回の申請にこぎつけた。だが、問題なのはその中身だ。『ねぶた祭り』といえば大型の灯籠が有名だが、韓国の『燃灯会』でも最近は『ねぶた祭り』をまねたような大型の灯籠が登場する。過去に青森が韓国でねぶたの製造方法を教えたこともあり、インターネット上では『燃灯会』は『ねぶた祭り』をパクったものだとの意見が圧倒的だ。

そもそも、『燃灯会』がなぜ最近になって韓国の重要無形文化財に指定されたのか。そのことにも注目すべきかもしれない。韓国メディアによると、『燃灯会』はなかなか国の重要無形文化財に指定されなかった。なぜなら韓国はキリスト教徒が多い国。キリスト教側は、「燃灯会に伝統はない」「燃灯行列は日帝残滓(ざんし)」などと主張し、無形文化財指定に反対した。そのため、文化財庁は伝統再現および考証不足を理由に指定を見送っていた。

このように韓国内でも意見が分かれている『燃灯会』。文化財庁は、『燃灯会』には歴史があり、現在も大規模な祭りとして燃灯行列が行われるなどと説明するが…。「燃灯行列」が日帝残滓で、燃灯行列に登場する「大型の灯籠」がねぶた祭りから伝わったものだとしたら、果たしてユネスコに登録される可能性は本当にあるのだろうか。

画像:燃灯会公式サイトから引用

※この記事は、ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。[リンク]

朴 美奈の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP