体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「年をとると告白なんてみっともなくて」養女へセクハラ!憧れの人からの塩対応…オヤジ化する源氏の中年の恋~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

NG連発で退場!オヤジ化する源氏、養女へセクハラ

藤壺の宮の死から半年。季節がすっかり秋になった頃、源氏の養女である斎宮女御が二条院に宿下がりしてきました。冷泉帝の寵愛も深く、立派に務めを果たしています。

秋雨が静かに、庭の草花を濡らしています。源氏はそれをみても、宮のことが偲ばれます。半年が過ぎても源氏は相変わらず色のない喪服姿のまま、袖には数珠を隠して暮らしています。表向きには「不穏な世の中なので精進している」と言い訳していますが、本当は宮のため。源氏の心の喪はまだまだ続いていました。

源氏は斎宮の御簾のうちに入り、几帳だけを隔てて話します。以前は朱雀院に遠慮していましたが、今は堂々と父親ぶって、こうして部屋の中にも入ってきます。

話は斎宮の母・六条御息所に会いにいった秋のことへ。母の話題に斎宮も涙ぐんでいる様子が伺え、身動ぎするかすかな動きも可愛らしい。ここでまた源氏の悪い癖が始まります。(ああ、お顔が見たい。まだ拝見していないのは本当に残念だ)

「私は若い頃から困った性癖がありまして、恋愛では後悔もいろいろございました。その中でも最後まで心残りに終わった恋が2つあります。

ひとつはあなたのお母様のこと。私のことをお恨みになったまま、思い詰めて亡くなられたことが本当に悔しくてならない。こうしてあなたのお世話をさせていただくことで、罪滅ぼしに代えたいと思っております。ですが、お母様の誤解は解けぬままで終わったことが残念でなりません…」

もう一つの恋については話さないまま、源氏は更に「私は出世の喜びなどはどうもピンとこない方でして。その分、家族や大切な人への愛情を感じやすい性格のようです。私がどれほど自制してあなたのご後見をしているか、ご存知でいらっしゃいますか。せめて”かわいそう”に、とでも仰っていただけたら、どれほど嬉しいでしょう」。

え?お母さんの話から急にそっちに行くの?……斎宮は困り果ててお返事もありません。そりゃそうでしょう。この人は養父だし、自分は帝の妃なんだから。これはイエローカード!

源氏は慌てて「やっぱりダメですか、情けないですね」と自分で回収して世間話を続けます。気を取り直し、普通に相槌を打つ斎宮。話題は季節のことに移りました。

「昔から、春と秋のどちらが素晴らしいか論じられて続けていますね。中国では春が一番ですし、日本では秋のあはれが大切にされています。簡単に優劣はつけられませんが、あなたはどちらがお好きですか?

斎宮は返事をしづらいなと思いつつ、答えないのも悪いと思って「私が決めることではありませんし、どちらも美しい季節だと思います…でも、やはり母が亡くなりました秋が、格別に感慨深いです」

素直な気持ちを語った可憐さに、源氏はまた暴走。「そうですか、でしたらこの秋の夕風に、私と想いを交わしてください。時々、気持ちを押されられないときがあるのですよ…」。この時代の男女が「語る」とか「交わす」といい出したら情交のことです。

また色気を起こした源氏に、斎宮は驚くやら呆れるやら。ここから源氏がどう言い募ったのかは具体的に書かれていませんが、”もう少しで過ちが起こりそうな状況だったが、斎宮があまりにも嫌悪感を示し、源氏も「若者でもないのに」と正気にかえって引き返したので事なきを得た”とあるので、キワドい所があったのでしょう。なんて残念な養父、これはもうレッドカードものです。

斎宮はもう源氏を見るのも嫌で、少しずつ部屋の奥の方に引っ込んでいきます。源氏は「そんなにお嫌なのですね。本当に思慮深い方は、このような態度はお取りにならないものですよ。でも今後はこういった発言は控えましょう。私のことを嫌いにならないで下さい、辛いですから」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy