ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

薄さを追求した4.5mmの小秒針付き光発電エコ・ドライブウオッチ! 『シチズン エクシード』から40周年記念モデルが登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

aq5004-55a_img_exd40th

洗練されたデザインと確かな品質で、一生つきあえる本物の時計を提案するブランド『シチズン EXCEED (エクシード)』から『シチズン エクシード 40周年記念 薄型エコ・ドライブ モデル』が7月13日より登場する。

『シチズン エクシード』

1977年エクシードは、“”確かな品質と洗練されたエレガントデザイン”をコンセプトにシチズンの高級ドレスウオッチとして誕生して以来、常にシチズンの持つトップレベルの技術を用い、同時にエレガントさを追求した時計として、様々なモデルを発売。エクシードは薄型時計を追求して、1982 年に誕生したケース厚 2.88 ㎜の薄型クオ ーツ時計をはじめ、2006 年にはケース厚 6.7 ㎜の世界最薄フルメタルエコ・ドライブ電波時計、そして 2015 年にスーパーチタニウムでケース厚7㎜の世界最薄フルメタルエコ・ドライブ電波時計などを世に送り出している。エクシード誕生 40 周年を迎えた 2017 年、洗練されたエレガントデザインのあり方を求めて、このたび、シチズンが持ち得る様々な技術を投入し、3針でありながらケース厚4.5㎜(設計値)の薄型光発電エコ・ドライブ ウオッチを発売したのだ。

シチズン エクシード 40周年記念 薄型エコ・ドライブ モデル

aq5004-55a

・エレガントデザインを極めた『エクシード』ならではの薄型アニバーサリーモデル
40 周年記念モデルにふさわしい、エレガントな高機能ドレスウオッチのあり方を追求して、このモデルは誕生。
エレガントを追求するときのデザインポイントとして、秒針をはずした2針での構成を考えがちだが、秒針つきの3針は、時計に正確な時間を求める日本のビジネスマンに非常にフィットしているとの考え。そこであえて、3 針でのエレガントさを追求。こだわりは、秒針の存在とその動き。中 3 針ではなく 6 時位置に秒針を置くことで、文字板のアクセントとし、秒針が独立して動く、個性的でエレガントな表情を持つモデルに仕上がっている。  

aq5004-55a_cut01

aq5004-55a_cut02

・肌にやさしく、軽く、キズに強い。シチズン独自の技術『スーパーチタニウム』ケース&バンド
腕元をエレガントに見せるよう計算し尽くした、ちょうど良いサイズ感とのびやかなケース&バンド。素材は「肌にやさしい」「軽い」「キズに強い」「美しい」といった特長をもつ、シチズン独自 のチタニウム素材″スーパーチタニウム ″が採用。美しく磨かれた純チタニウムに独自の表面硬化技術(デュラテクト)を施すことで、ステンレスの 5 倍以上キズに強くなると共に、金属アレルギー体質の人でも安心して着用することができる。また、ステンレスの約半分という驚きの軽さも魅力。ドレスウオッチを快適な装着感で永く愛用できる。  

aq5000-56e

・ドレスウオッチでありながら高機能 ~光発電エコ・ドライブ~
光で充電し駆動するため、定期的な電池交換の必要がない便利な光発電エコ・ドライブ ウオッチ。 BASELWORLD 2016で発表し話題となった世界最薄1.0mm厚のムーブメントを搭載したエコ・ドライブ ワン。その技術があればこそ3針でありながらケース厚4.5mm(設計値)を達成。シチズンならではの独創的なエコ・ドライブ ウオッチが誕生した。

シチズン エクシード
http://citizen.jp/exceed/

製品詳細情報

ブランド名/商品名 シチズン エクシード 40周年記念 薄型エコ・ドライブ モデル
商品番号 AQ5000-56E AQ5004-55A AQ5000-13A
発売時期 2017年7月13日 希望小売価格 250,000円+税 240,000円+税
ケース/バンド スーパーチタニウム TM スーパーチタニウム TM/ワニ革
ガラス サファイアガラス (99% クラリティ・コーティング)
サイズ ケース径36.5mm/厚み4.5mm (設計値)
主な機能
Cal.:8845 : 月差±15秒/光発電エコ・ドライブ/フル充電時約7ヶ月可動 ■日常生活用防水 ■耐ニッケルアレルギー製品(AQ5000-56E、AQ5004-55A)

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。