体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俺んちのママチャリを“爆走電動アシスト自転車”に改造しちまう製品3選

“改造”という言葉に燃えない男はいない。

男ならば誰しも、とくに中学生くらいの年頃になれば、身近な乗り物を改造してみたいという欲に駆られるはずだ。“身近な乗り物”といえばやはり自転車だが、せっかくだから地域住民に大注目されるようなスーパーマシンを作ってみたい。

ただしそれは、ハンドルをハーレーみたいにするとか、サドルに長い背もたれをくっ付けるとか、そんなみみっちいことではない。本来の意味の“改造”とは、走行性能の向上を実現させるものだ。この記事では、普段乗っている自転車を一瞬にして電動アシスト車にする素晴らしい製品をご紹介しよう。

①bimoz

まずは、スイス発のこの製品から。

スマホアプリと連動する外付けモーターキット『bimoz』。これは総重量わずか1.97kgだが、250Wのパワーを持っている。それをごく普通の自転車に取り付ければアラ不思議、憧れの電動アシスト自転車の完成である。

bimozは1回の充電で最大150kmの移動を可能にする。アシスト可能上限速度は最大25km。先述の通りスマホに接続し、アシスト配分や走行データの管理も行える。こりゃすごいぜ!

ヨーロッパはCO2排出に関してはベラボーにシビアで、クルマに乗るくらいなら自分で自転車を改造しちまおうという気風が強い。交通安全を最重要する日本人とは違い、EU圏の人々は地球環境が第一なのだ。だからアメリカの金権大統領からいろいろ悪口を言われていたりするのだが、ともかく現代ヨーロッパ市民の理想の世界は「緑豊かな地球」である。

当然、その発想がクラウドファンディング界隈にも大きく影響しているわけだ。

②go-e

だがいくら地球環境に優しくても、中には「やりすぎじゃね?」と思ってしまう製品もある。

たとえば、この『go-e』という製品。先ほどのbimozとは機構が違うが、普通の自転車にモーターとバッテリーを取り付けて電動アシスト車にするというコンセプトは変わらない。

ところがgo-eの性能諸元を見てみると、最大出力800Wで最高時速45kmとあるではないか。これは誤植か? いやいや、どうやらマジらしい。

しかも親切なことに、製品出荷時はEU基準の250Wにデフォルト設定されている。そのあとは自己責任で出力を調整してくれ、とのことだ。だってKickstarterのページにそう書いてあるんだもん。このあたり、日本人には真似のできない措置だ。

それにしても、日頃慣れ親しんだママチャリがある日突然45kmで走り出したら、恐ろしさのあまりに失禁するかも……。

③UrbaNext

最後は『UrbaNext』という製品をご紹介しよう。

これもすごいぞ! 前輪に取り付ける外付けモーターで、最大出力350W・最大時速32kmという性能だ。もっともそれだけなら、先述のgo-eに大きく劣る。だがUrbaNextの場合は、ノーペダリングのスロットル操作で32kmまで持っていけるらしい。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。