体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「出来ることならドタキャンしたい!」栄達を願う貴族の特殊な世界……母子を引き裂く悲劇の別れ ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

「心配でたまらない」娘を奪われそうになる母の葛藤

引っ越しの秋が過ぎ、大堰の別荘に冬がやってきました。山里の冬は一段ともの寂しい風情。源氏も「ここはあまりに寂しすぎる。二条に来て近くで暮らそう」というのですが、明石はやっぱりウンと言わない。(お側に行けば辛いことも、がっかりすることも多いだろう)と思えるからでした。

源氏もこっちへ来るのはせいぜい月2回。更に、行く前も帰った後も、紫の上のご機嫌取りに終始しないといけないことも含めると、かなり大変な二重生活といえます。初回は友達が強引に割り込んで来たとは言え、予定をオーバーして帰った挙句、宮中での宿直までパスする始末。

大臣になり、今までのような女性巡りが難しくなったからこそ二条東院を建てたのに、明石は素直に移ってきてくれない。ある程度は仕方ないとは言え、こんなことが長く続けば、源氏のワーク・ライフ・バランスにも影響が出そうです。

「それなら、姫のことだけでも。紫の上が姫に会いたがっていてね。あちらで袴着(はかまぎ)の式をさせようと思う。姫をおろそかにはしない。いつまでもここに置くのはもったいないよ」。

袴着は子どもの成長を祈るお祝いで、現在の七五三の前身です。当時は年齢や時期は確定しておらず、3~7歳頃に吉日を選んで行ったようです。正妻格の紫の上を養母とし、袴着をきちんと行うことで、世間からもちい姫が源氏の正式な娘として扱われるようになります。

明石は予想していたことながら、いざ源氏の口から言われると胸が潰れそうです。「立派な方のご養女にして頂いたとしても……」と、いろいろ理由を探して避けようとします。

姫が継母にいじめられるんじゃないか、という心配はいらないよ。紫の上は子どもが好きなのに、まだできないのを残念がっていてね。養女の斎宮女御とは歳も違わないのに世話を焼いているくらいなんだ。まして、こんな愛らしい子をみたらどれほど可愛がるだろう。彼女の性格は私が保証するよ」。源氏は太鼓判を押します。

昔は遊びならした光源氏も、紫の上と一緒になってからは落ち着いたという噂は明石もよく知っています。(紫の上は、容姿も人柄も誰よりも優れた方なのだろう。自分は何ほどのものでもないが、近くに行けば不快がられるかも。それなら、姫だけを物心づかぬ内に預けたほうがいいかもしれない)残念ながら、上京しなくてもすでに十分目をつけられているのですが…。

しかし、自分の娘を継母に渡すという重大問題を簡単には決められない。「離れ離れになったら心配でたまらない。姫がいない毎日をどう生きていけばいいのだろう。それに、姫が居なくなった淋しいこの別荘に、源氏も来てくれなくなるかもしれない…」。明石の心の中は大いに揺れ動きます。

「正しい決断を」頼りになるお母さんからの名アドバイス

源氏への返事を保留し、苦悩し続ける明石にアドバイスを与えたのは、母親の尼君でした。「辛いだろうけれど、姫のために正しい決断をなさい。源氏の君のお申し出は深いお考えがあってのこと。あの方だって母君のご身分が一因で、臣籍降下なさっているのよ。皇族の方でさえそうなのだから、まして我々はどうなることか。

今後、身分の高い夫人から女の子が生まれないとも限りません。そうなったら、ちい姫は隅に追いやられてしまう。袴着も、こんな山の中でやったところで何の栄えもありません。然るべきところでお披露目し、姫が世間からも尊重されることが大切なの」。

娘の悩みを理解しつつも、冷静で賢明な助言をしてくれるお母さん。なんて頼もしい存在。それでも明石は納得がいかなかったのか、セカンドオピニオンを求めるかのように、占い師や賢者と呼ばれる人を当たって相談をしています。でも、誰に聞いても答えは「姫は二条に移る方が良い」。結局は諦めるのですが、明石らしからぬ行動からも必死さが伝わってきます。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy