ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【本日まで】アニメ×ダンスミュージックフェス『Re:animation10』無料生配信プロジェクトがクラウドファンディング

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
anievez_01

2017年7月1日・2日に開催されるアニメ×ダンスミュージックフェス『Re:animation10-Rave In 潮風公園-』。当日は1day2000円、2days3500円というフェスとしては破格な価格でさまざまな声優・アニソン歌手・DJのステージが見れるイベントとして注目されますが、この『リアニ10』のステージを無料で生放送をするというプロジェクトがクラウドファンディングサービス『CAMPFIRE』で2016年6月15日まで支援者を募っています。

※関連記事 1日2000円でアニソン・EDMが楽しめちゃう! 出演者も充実の『Re:animation10-Rave In 潮風公園-』
http://getnews.jp/archives/1755569 [リンク]

『リアニ10』の無料生放送を企画しているのは、アニソンDJイベント・パーティーのポータルサイト『AniEveZ(アニイベZ)』。一般的にはまだマイナーなアニソンDJイベントの楽しさをもっと多くの人に知ってもらいたいということで、bamboo(milktub) 、ライブレボルト、アニソンディスコ、DJシーザーなどの出演者の生配信の実施を目指しています。

このプロジェクトでは、安定した配信を実現するためにNTT東日本のフレッツ光回線を4系統の施設を計画。既に会場の潮風公園の現場調査を実施したとのこと。また、配信機材は東京・中野ブロードウェイのオーディオビジュアル機材販売会社フジヤエービックが協力。配信プラットフォームは『Twitch』となる予定。

計画では、配信拠点を2箇所設置し、「Main STAGE」「2nd STAGE」の複数のポジションにカメラとカメラマンを配置し、それぞれ独立チャンネルでの配信することになっています。

現在の支援総額は110万円を超え、当初の目標である80万円に到達しており、「Main STAGE」の無料生配信は確定。この1日で130万円に到達すると、「Main STAGE」「2nd STAGE」双方の配信ができることになります。

資金は配信機材、フレッツ光の敷設で構築するインターネット環境、電源設備、配信機材の設置場所、当日生中継のスタッフの人件費などの用途に利用。また、後日観賞用のアーカイブデータの配信に関しましては検討中とのこと。

130万円以上の支援が集まった際は、『リアニ10』の隠し目玉であるサイレントフロアや、アフターパーティーの配信の検討もすることですが、まずは残り1日で130万円に到達し、2ステージの無料生配信が実現することができるのかの勝負になっています。『リアニ10』が遠方であることや、当日の都合があって行けないけれど見たかったという人は、支援を検討してみてはいかがでしょうか。

日本最大級のアニメ×ダンス野外DJフェス リアニメーション10の生中継を無料配信(CAMPFIRE)
https://camp-fire.jp/projects/view/29928 [リンク]

AniEveZ
http://anievez.com/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。