体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】深夜の本屋で撮影会『ジュンク堂でコスプレしてみる』が立川で開催 本にゆかりのあるキャラが勢揃い!

10jun3

「本屋さんに住んでみる」ツアーを仕掛けたジュンク堂書店による、書店に泊まって〇〇する企画の第2弾『ジュンク堂でコスプレしてみる』が6月10日から11日にかけて、ジュンク堂書店 立川髙島屋店にて開催されました。スタジオではない、本物の大型書店での一般公募型コスプレ撮影イベントです。しかも参加料無料!

事前に選ばれた5組のコスプレイヤーとカメラマン達が一晩中本屋で撮影会を行う、という実はかなり貴重なイベントの模様を写真や動画とともにお伝えいたします。

動画:深夜の本屋で撮影会『ジュンク堂でコスプレしてみる』が立川で開催!

実はかなりレアな「本屋でコスプレ」

10jun4

書店”風”スタジオならいざしらず、実際の大型書店でコスプレ撮影会を行う事は困難を極めます。が、ここに目を付けたのが「本屋さんに住んでみる」企画で一躍脚光を浴びたジュンク堂書店。

コスプレ撮影会についてジュンク堂書店の担当者曰く、

今回コスプレを題材に選んだのは「コスプレの撮影場所としてのニーズを感じた」「コスプレイヤーやそのネットワークのもつ強い発信力により SNS 等を通じて書店の魅力を伝えることができそう」という理由からです。

とのこと。

書店を舞台にした作品や本が重要な役割を帯びた作品は多い一方、一部コスプレイヤー達の間では「リアル店舗での撮影は無理」との見方もあったようです。その為このイベントには10倍を越える倍率の応募があったとか。

10jun32

実際に参加した5組のコスプレ内容も、

『ラブライブサンシャイン』(黒澤ルビィ・国木田花丸)
『図書館戦争』
『世界一初恋』
『アイドルマスターシンデレラガールズ』(鷲沢文香・橘ありす)
『文豪とアルケミスト』他

と本屋が良く似合うものばかり。参加人数も限られているので、落ち着いて撮影することができそうです。

実はコスプレにピッタリの立川

img_7024

しかしここで一つ、素朴な疑問が。神戸発の書店であるジュンク堂書店ですが、都内だと有名なのはやはり池袋本店。広大な店内はもとより、マンガ・アニメ系書籍の圧倒的な充実ぶりが有名です。しかも池袋と言えば、ハロウィン系コスプレイベントなどでも話題に。

しかし、実は立川もコスプレとは親和性の高い街だったのです。立川はサブカルチャーに関連した施設や企業が多く集まるエリアとして知られており、毎年11月にはサブカルチャーイベントも開催され、多くのコスプレイヤーが訪れるとか。ジュンク堂書店が入る立川髙島屋もその際に屋上をコスプレイヤーの撮影スポットとして開放するなどの取り組みを行っており、「コスプレとの親和性が高い地域」だそうです。

1 2次のページ
106の記事一覧をみる
106

記者:

ネット・オタクカルチャー全般に対応。専攻は歴史学。ガジェット通信では生放送業務全般にも従事。1年の1/3は海外。将来の夢は宇宙飛行。

ウェブサイト: http://ktus.hatenablog.com/

TwitterID: @106yoyogi

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。