体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インスタグラマーはもうコレ買え! ライカレンズ3基搭載『P10』『P10 Plus』発売 「ポートレートモードの画作りがめっちゃライカ」

img_20170606_145258_cut

Huawei(ファーウェイ)からスマートフォンの最新機種『HUWEI P10』『HUWEI P10 Plus』が発表されました。6/6予約受付開始、6/9販売開始の予定で、『P10 Plus』が72,800円、『P10』が65,800円(いずれも市場想定売価・税抜)となります。

img_0784_f img_0792_f

そんじょそこいらのデジカメよりもすごい?

『P10』および『P10 Plus』は、ライカレンズ搭載で話題となった『HUWEI P9』の後継機の位置づけとなります。『P10』『P10 Plus』では新たに800万画素のLeicaレンズをセルフィー用であるフロントカメラに搭載。これによってLeica調のポートレートセルフィーを撮影することが可能になりました。

img_0604_f

背面のLeicaダブルレンズには、“2000万画素のモノクロセンサー”と“1200万画素のRGBセンサー”を搭載し、これまで以上に細やかな描写と色階調を再現しました。『P10』『P10 Plus』は前後で合計3つのLeicaレンズを搭載した、世界初のスマートフォンということになります。

img_0587_f

さらに『P10 Plus』では、暗い場面にも強い開口部F1.8のSIMMILUX-H、第2世代LeicaダブルレンズPro版を搭載。F1.8というスマホの中でもひときわ“明るい”レンズというだけではなく、Leica社が透明度や収差、レンズフレアなどの光学特性を評価・チューニングを行いました。

ポートレートモードがすごい

『P10』『P10 Plus』に新機能として搭載されたのが『ポートレートモード』。これは、ダブルレンズによって正確な深度計算を行い美しいボケ味を実現しています。また、精確で立体的な3D顔面認識、照明効果、プロのメイクアップのような美肌補正によって、フォトスタジオで撮影したかのようなLeicaスタイルのポートレートの画作りを再現しています。

img_0685_f img_0683_f img_0987_f
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。