ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

インスタグラマーはもうコレ買え! ライカレンズ3基搭載『P10』『P10 Plus』発売 「ポートレートモードの画作りがめっちゃライカ」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
img_20170606_145258_cut

Huawei(ファーウェイ)からスマートフォンの最新機種『HUWEI P10』『HUWEI P10 Plus』が発表されました。6/6予約受付開始、6/9販売開始の予定で、『P10 Plus』が72,800円、『P10』が65,800円(いずれも市場想定売価・税抜)となります。

img_0784_f img_0792_f

そんじょそこいらのデジカメよりもすごい?

『P10』および『P10 Plus』は、ライカレンズ搭載で話題となった『HUWEI P9』の後継機の位置づけとなります。『P10』『P10 Plus』では新たに800万画素のLeicaレンズをセルフィー用であるフロントカメラに搭載。これによってLeica調のポートレートセルフィーを撮影することが可能になりました。

img_0604_f

背面のLeicaダブルレンズには、“2000万画素のモノクロセンサー”と“1200万画素のRGBセンサー”を搭載し、これまで以上に細やかな描写と色階調を再現しました。『P10』『P10 Plus』は前後で合計3つのLeicaレンズを搭載した、世界初のスマートフォンということになります。

img_0587_f

さらに『P10 Plus』では、暗い場面にも強い開口部F1.8のSIMMILUX-H、第2世代LeicaダブルレンズPro版を搭載。F1.8というスマホの中でもひときわ“明るい”レンズというだけではなく、Leica社が透明度や収差、レンズフレアなどの光学特性を評価・チューニングを行いました。

ポートレートモードがすごい

『P10』『P10 Plus』に新機能として搭載されたのが『ポートレートモード』。これは、ダブルレンズによって正確な深度計算を行い美しいボケ味を実現しています。また、精確で立体的な3D顔面認識、照明効果、プロのメイクアップのような美肌補正によって、フォトスタジオで撮影したかのようなLeicaスタイルのポートレートの画作りを再現しています。

img_0685_f img_0683_f img_0987_f img_0990_f

実際に会場ではポートレートモード体験コーナーも設けられていたので、筆者も試してみました。

img_20170606_145208 img_20170606_145239

モノクロモードは専用の2000万画素モノクロセンサーのおかげで、ディティールがより良く捉えられ、陰影の深み豊かな仕上がりになっているのがわかるでしょうか。とても、スマートフォンで無加工で出した写真とは思えません。

img_20170606_145258

『P10 Plus』は『iPhone7 Plus』キラー?

こと『P10 Plus』に至っては“写真に強い”『iPhone7 Plus』を完全に意識したとしか思えないほどの入念な仕上げです。デザインもカメラの出っ張り部分をなくし、同じ5.5インチモデルながら薄さ大きさの点で『iPhone7 Plus』を上回っています。

img_0572_f img_0929_f img_0932_f img_0939_f

デザインだけでなくバッテリー持ちでも『iPhone7 Plus』を上回り、30分で1日分の充電が可能な超急速充電にも対応。『iPhone7 Plus』のポートレートモードはベータ版だからというのもありますが、境界線の描写にまだ不安が残ります。一方、会場で試した『P10 Plus』のポートレートモードは(見た限りで)描写に隙が見られませんでした。

img_0598_f img_0608_f

まさに死角なしと言えそう。

最近『iPhone7 Plus』ユーザーとなった筆者は「ぐぬぬ」と臍(ほぞ)を噛む思いの発表会でした。ただし今回も「P9の頃と同じくauへの対応はしていない」(会場スタッフさん)と聞き、無理やり心落ち着けました(auユーザーなのです……)。

SNSの写真好きは検討すべし

今回、『P10 Plus』をレビューしたLeica愛用のフォトグラファー、舞山秀一氏も「この大きさ(会場の巨大なスクリーン)で見て、初めてようやくスマホの写真だとわかるレベル」「今回、撮ってそのまま出し(無加工で出力)だけどびっくり」と絶賛。

img_0672_f img_0702_f img_0710_f

こと、ポートレートモードの美しさやボケ味の自然な描写は特筆もの。色の再現性については『P9』の頃から定評がありました。
より一層、アーティスティックな表現をしたいと考えている向きには『P10』『P10 Plus』は本当におススメです。

SIMは2枚入るそうなので、データ用と通話用を入れて活用するのもよいでしょう。ならば、と筆者も思わず「格安運用でもう一台……」と物欲衝動と闘いながら、会場を後にしました。

img_0881_f

『HUWEI P10 Plus』
http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/P10PLUS-JP/

『HUWEI P10』
http://consumer.huawei.com/jp/mobile-phones/P10-JP/ [リンク]

img_0529_f img_0854_f
オサダコウジの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。