体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iiyama PC「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」より 『鉄拳7』推奨パソコン3機種を発売

パソコン工房・グッドウィルを運営する株式会社ユニットコムは、JAPAN QUALITY「iiyama PC」ブランド「LEVEL∞(レベル インフィニティ)」から、『鉄拳7』推奨パソコン3機種を発売しました。

第7世代インテル(R)Core(TM)プロセッサー搭載

パソコン3機種には、第7世代インテル(R)Core(TM)プロセッサーが搭載されています。第6世代の14nmプロセスルールが改良され、省電力性能とパフォーマンスが更に向上しました。また、メモリコントローラーも改良され、従来のDDR3のサポートに加えてより高速に動作するDDR4-2133/DDR4-2400メモリにも対応しました。

最新アーキテクチャ Pascal(TM)採用の「NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 10シリーズ」搭載

最新のNVIDIA(R)GeForce(R)GTX10シリーズは、新世代GPUアーキテクチャ「Pascal(TM)」を使用しています。
ゲーム内の時間を止め、様々なエフェクトを使って撮影することが可能になる「Ansel」機能、VR環境での描画パフォーマンスを大幅に向上させる「Simultaneous Multi- Projection」機能など、3画面、VRなどのゲームコンテンツを楽しみたいユーザーに最適なGPUです。

推奨パソコン3機種、その他特徴

SSD+HDDのツインドライブで構成されています。メインドライブにSSD(Solid State Drive)、そしてデータドライブにHDDを組み合わせることで、高速動作と大容量のデータ保存領域で快適性がパッケージングされています。

ライフスタイルに合わせてケースを選ぶことができます。コンパクトでありながら、実用性と快適性を両立させた『C-Class』。そして、拡張性の高いミドルタワーATXフォームを採用した『R-Class』です。

『鉄拳7』とは?

直感的な操作で個性豊かなキャラクターを操り、ド迫力のバトルを楽しめる「鉄拳」シリーズ。
世界で最もプレイされている3D対戦格闘ゲーム最高峰のゲーム性で、美しく迫力のある映像をプレイヤーに提供しています。

『鉄拳7』では、ダイナミックで直感的な新バトルシステム「レイジアーツ」「パワークラッシュ」による極限バトルを体感できます。1994年の「鉄拳」から繰り広げられてきた三島家因縁が決着し、流れるようにバトルへ繋がるストーリーモードでこれまでの数々の謎が明らかになります。さらに、“鉄拳王”平八を屠るためストリートファイターシリーズより最強の刺客、豪鬼が参戦します。そして、新搭載のモード、8人まで参加可能な「オンライントーナメントモード」にて、オンライン上での本格トーナメントが手軽に開催できます。

『鉄拳7』推奨パソコン販売ページ

https://www.pc-koubou.jp/pc/tekken7.php?utm_source=pr&utm_medium=p170602_1&utm_campaign=i01

(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)TEKKEN(TM) 7 & (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)2016 Valve Corporation.Steam および Steam ロゴは、米国およびまたはその他の国のValve Corporation の商標およびまたは登録商標です。Reserved.

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会