体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

戦国武将とポケモンって意外なほどピッタリ!? 異色のシミュレーションゲーム『ポケモン+ノブナガの野望』に女性も子どももハマる理由

ポケモン+ノブナガの野望

3月17日に発売された、ポケモンとコーエーテクモゲームスのシミュレーションゲーム『ポケモン+(プラス)ノブナガの野望』。意外すぎる組み合わせで発売前から話題騒然となっていましたが、発売第一週目にして売り上げ17万本を突破するなど、その勢いはとどまるところを知りません。

ポケモン+ノブナガの野望

ゲームの舞台は、“ブショー”たちが17の国に分かれて覇権を争う“ランセ地方”。ブショーにはそれぞれ特別な絆(きずな)を持つパートナーポケモンがおり、城を賭けて“イクサ”と呼ばれるポケモンバトルで戦います。主人公はハジメの国の“ブショーリーダー”となって、ランセの滅亡を目論むノブナガを筆頭とする、数々の猛者たちとイクサを繰り広げます。

今回は女性の広報・宣伝さんお二方に、女性目線から見る『ポケモン+ノブナガの野望』の魅力を語っていただきました。

川口さんと遠藤さん

お話を聞かせてくださったのはポケモンの川口さん(写真:左)と、コーエーテクモゲームスの遠藤さん(写真:右)です。

『ポケモン』と『信長の野望』はなぜ出会った?

記者:まずはこの異色の組み合わせの出会いを教えていただけますか?

遠藤:もともとお声がけをしたのは襟川(コーエーテクモゲームス 代表取締役社長)のほうからだったんです。以前からポケモンの石原社長と顔見知りで、“いつか何か一緒にやりたいね”と話していたのが、こういう形で実現したんです。

記者:コーエーテクモさんからのラブコールだったんですね。『ポケモン』と『信長の野望』という組み合わせになったのはどうしてですか?

川口:いろんなお話があったんですが、石原(ポケモン 代表取締役社長)がシミュレーションゲームが大好きで、『信長の野望』の長年のファンだったんです。“せっかくコーエーテクモさんとなにかやるのだったら、ぜひ『信長の野望』をやりたい”ということで、この『ポケモン+ノブナガの野望』が完成しました。

私はこのポケモンとブショーが好き!

記者:実際にプレイしてみて、お気に入りになったポケモンやブショーっていますか?

川口:私はモトチカがお気に入りですねぇ。

モトチカ

記者:モトチカ、かっこいいですよね!

川口:今までのポケモンにないロックな感じのルックスがドキッとしますね(笑)。私はミジュマルと組み合わせて使ってたんですが、“こんなかっこいいルックスなのにこんなかわいいポケモンと”っていうギャップがいいなと。

遠藤:ノブナガとゼクロムみたいにかっこいいブショーにかっこいいポケモンの組み合わせもピッタリですが、かっこいいブショーにかわいいポケモンをパートナーにするのもいいですよね!

記者:組み合わせを考えるのも楽しそうですねぇ。遠藤さんのお気に入りも是非教えてください!

遠藤:私はオイチとプリンがすごくお気に入りですね。

オイチとプリン
1 2 3 4次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。