体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】全員ボールを持っている!? ラグビーを再現した新感覚舞台『ALL OUT!! THE STAGE』[オタ女]

今年3月までTVアニメが放送された本格高校ラグビー漫画『ALL OUT!!』が舞台化。6月4日までZeppブルーシアター六本木で上演されています。

『ALL OUT!! THE STAGE』は、舞台『弱虫ペダル』(通称、ペダステ)の斬新な演出で2.5次元舞台の新時代を築いた西田シャトナー氏が脚本・演出を担当。今作も熱く、そしてラグビーを独自の演出で表現しています。

※すべての画像・動画が表示されない場合はOtajoからご覧ください
http://otajo.jp/68327[リンク]

今回は主人公・祇園健次が所属する神奈川高校をはじめ、ライバル校の慶常高校と東道大相模高校のラグビー部が登場。祇園が岩清水と出会い、ラグビー部に入部し練習試合に出るまでを描きます。

西田シャトナー氏が世界一のマイム俳優だと惚れ込む、いいむろ なおき氏が原作を読み込み、キャストに動きを指導。

「実際のラグビーをやっているわけではないのに、舞台上では力が入ってぶつかり合って痛い」とキャスト陣が明かしたように、目の前でスクラムやタックルなどの激しいぶつかり合いが繰り広げられます。

ラグビーの素早いボールパスをどう表現するのかも大きな注目ポイント。なんと、パスを繋ぐステージ上の全員が1つずつボールを持っている!?

パスを受けたときには、自分の持っているボールをパンッと手で叩きながら受け取った動作として表現。実際にボールは投げずに、次のパスを受ける人がまた手元でパンッと自分のボールを叩いて受け取る仕草をします。文字だとイメージしにくいと思うので、記事内の動画で確認してください!

また、キャストが「本当にキツい」と漏らした“亀”やロープの下をくぐっての“ランパス”など練習シーンも再現。

そして、“ペダステ”などでもそうですが、コミカルなシーンやアドリブ要素も随所に挟まれ、原作を再現しながらも、舞台版のキャラクターとしてそれぞれが個性をみせています。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。