体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本のピザはどれだけ高いのか?世界のピザ価格調査

日本のピザはどれだけ高いのか?世界のピザ価格調査

調査対象は公式サイトから辿れる世界各国のピザハットのうちオンラインで価格が確認できた36ヶ国。なお残念なことに「本場」イタリアには進出していないらしい。片手落ちのようだが仕方ない。

 

今回の比較条件は以下の通り。

・その国のメニューを価格順に並べ、中央値となるピザを基準とする。

・生地は「パンピザ」、サイズは大ざっぱに「日本のL(31cm)に近そうなもの」を選ぶ。

・配達料と税金は分かる範囲で考慮。

・クーポンやキャンペーンはすべて無視。

順に説明しよう。

・価格はメニューの中で真ん中のものを選ぶ。当初はマルゲリータあたりの定番品同士で比較しようと考えたが、国によってメニューの違いが激しいのでやめた。(そもそも日本のピザハットにマルゲリータがない!)

・サイズは国によってまちまち、その表記方法もまちまち。記載がないことすらあるので面倒だ。統一は不可能なので多少の差は許容し、分かる範囲で31cmに最も近そうなものを選ぶことにした。

・日本では配達料も税金もメニュー価格に含まれているが、そうでもない国もある。分かりづらいことも多い。出来る限り調べて考慮するが、多少の調査漏れはご容赦。

・ピザ屋に値下げキャンペーンが多いのは万国共通のようだ。これは考慮するとキリがないのですべて無視。あくまでメニュー上の価格で比較する。

ひとことでまとめると、全体的にやや乱暴な比較となっている。そこは承知していただきたい。

さて前置きが長くなったが、それでは調査結果をまとめた図を見ていただこう。

 

日本のピザはどれだけ高いのか?世界のピザ価格調査

※2012/03/18現在の為替レートで換算

日本、高っ!

ダントツである。

日本以外に目を向けると上位には当然ながらヨーロッパの先進国が目立つ。

なお2位のスペインは全品一律半額(!)キャンペーンをやっていた。前述の条件に従い無視してメニュー通りの額で算出したが、実際はより安く買えることが多いのかもしれない。

上位のコスタリカ、ブラジルというのはやや不思議だがブラジルはビッグマックも高いらしいので何か共通の原因でもあるのだろうか。

ピザ大国アメリカはやはり安い。向こうのオタクがピザばかり喰うのも当然だろう。カナダ、メキシコも同等である。

最安のトルコは1枚766円。4回頼んでもまだ日本で1回頼むより安い。

こうして見ると結構な幅があるものだ。

まとめ。

日本のピザはやっぱり世界一高かった。

あえてフォローするなら、この結果には現在の円高が大きく影響している気はする。一昔前の為替レートなら差は小さかったのではないだろうか。また今回の調査では配達員へ払うチップについても無視した。チップ文化のある国ではいくらか高くつくのは間違いない。

それにしても…日本のピザ屋さんにはもう少しなんとかしてもらいたい。そう思わざるを得ない結果であった。

 

調査結果詳細

国名

サイズ

価格

(円)

価格

(現地)

日本

31cm

3200円

3200円

スペイン

家族向け

2520円

22.95ユーロ

フランス

4人分

2449円

22.3ユーロ

ポルトガル

3-4人分

2130円

19.4ユーロ

コスタリカ

2111円

12765コスタリカコロン

ブラジル

2034円

43.9レアル

ベルギー

2031円

18.5ユーロ

シンガポール

12インチ

1972円

29.74シンガポールドル

ギリシャ

家族向け

1965円

17.9ユーロ

韓国

1769円

1 2次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。