ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『蘇るファミコン必勝本』 全104号の歴史を収録 「伝説のスーパーマリオ256ワールド」も!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
img_1890_f

宝島ムックより発売中の『蘇るファミコン必勝本』を紹介するぞ! 気になるみんなは即、集合だ。

ご存知の通り『ファミコン必勝本』は1986年3月に創刊された“ファミリーコンピューター攻略系雑誌”の一つ。

当時は『ファミリーコンピューターMagazine』(ファミマガ)が先行して発売され、そのあとを追うようにこの『ファミコン必勝本』や『ファミコン通信』『マルカツファミコン』『ゲームボーイ』『ハイスコア』といった雑誌が続々と創刊されたという。ちなみに『Beep』はこれらより前、1984年12月に発売された模様。

そんな“ファミコン攻略本”戦国時代を戦い抜いた『ファミコン必勝本』全104号の中から選り抜きの記事などで再構成したのが、この本なのだ。

全般に言えるのは「今だからこそ読んで新たな発見がある」ということ。筆者が気になった「今改めて読みたい」ページタイトルを挙げてみよう。

・大特集 ロールプレイングゲームの時代だ!! ドラゴンクエスト 本格的RPGがいよいよ登場

img_1881_f

・びっくり仰天特報スペシャル版 つ、ついに来た!! スーパーファミコン 来年後半に発売が決定!! スーパーファミコンの特筆すべき3つの特徴

img_1886_f

・新春スペシャル 必本独占 堀井雄二 特報インタビュー ドラクエ三部作を作り終えて

img_1880_f

・スペシャルレポート 1989年ハード戦争 さぁーてどれがお得!? スーパファミコン セガ・メガドライブ PCエンジン 三つ巴の戦い

img_1884_f

・特別対談 山下章・田尻智がクインティを語る

img_1883_f

・アレクシィ・パジトノフ氏来日記念インタビュー『私とテトリス』

img_1891_f

いかがだろう。これらは抜粋した一部なのだが、どれもこれもグッと惹かれるタイトルばかりではないだろうか?
個人的には、『他紙を徹底批評! ファミコン雑誌スクランブル』が好み。『ファミマガ』『ハイスコア』『マルカツファミコン』『ゲームボーイ』『ファミ通』『ファミコン必勝本』『Beep』の各編集人、編集長が一堂に甘辛いコメントを寄せることで、一期一会の趣深いページとなっている。

img_1888_f

また、「特別企画! “必本”三大事件簿」として
(1)伝説のスーパーマリオ256ワールド
(2)女子高生編集者さとみちゃんフィーバー
(3)出版社対抗ナムコットゲーム大会V2達成!

の3つが挙げられている。

img_1882_f

特に「マリオ256ワールド」はインパクト絶大だ。正常な動作ではないとはいえ、人気ソフトの裏側を垣間見れるような内容は当時衝撃だった。
限られた情報しかなかった時代ゆえ、誌面の影響力は非常に大きかったこともうかがえる。

あの頃を振り返る資料としても有用な『蘇るファミコン必勝本』、記憶の旅のガイドとしてお勧めしたい。

img_1879_f img_1885_f img_1889_f
オサダコウジの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。