体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『MAGIC CUBE』にそっくり? エレコムがキー投影型Bluetoothキーボードを発売

キー投影型Bluetoothキーボード(TK-PBL042BK)

エレコムは、机などに投影したキーボードで文字入力できる『キー投影型Bluetoothキーボード(TK-PBL042BK)』を4月上旬に発売します。Bluetooth HIDプロファイルに対応するAndroid端末、『iPad/iPad 2』『iPhone 4/4S』、第四世代『iPod touch』などで使用できます。

レーザーで描くキーボードとして話題になった『MAGIC CUBE』にソックリ!? 赤色光でキーを描くキーボードが国内メーカーからも登場です。『キー投影型Bluetoothキーボード』は、本体に投影機とセンサーを一体化。机などの平面に赤色光で投影したキーボードで文字入力をするとセンサーが感知するというしくみです。

キー投影型Bluetoothキーボード(TK-PBL042BK)

コンパクトで、キーを投影できる反射率のある平面があればどこでも使用できるため持ち歩きにも便利。投影されるキーボードは1英語66キー配列を採用しており、9mmと余裕あるキーピッチで1分間に最大約350文字を認識できます。投影するキーボードの明るさと感度は3段階で調整可能。マウスモードも装備しており、投影されたキーボード上で指先を動かすとカーソルを動かすことができます(※iPhone/iPad/iPod touchではマウスモードは使用できません)。

1 2次のページ
Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会