ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『ムーンライト』の再会シーンを再現! 『CaféHabana TOKYO』がキューバ料理プレート&カクテルのコラボメニューを期間限定提供中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

主人公シャロンの同級生ケヴィンへの一途な想いを描き、その映像美や音楽の素晴らしさもあって第89回アカデミー賞作品賞・脚色賞・助演男優賞(マハーシャラ・アリ)に輝いた映画『ムーンライト』。日本でも現在公開中ですが、青年になって二人が再会したシーンでシェフになったケヴィンがシャロンに振る舞うキューバ料理のプレートを東京・代官山の『CaféHabana TOKYO』が再現。2人をイメージしたカクテルも提供しています。

Moonlight

孤独を抱えるシャロンの唯一の“光”、ケヴィン。彼らの再会シーンは鑑賞した人にはとりわけ印象的だった様子。ケヴィンがダイナーで作る料理シーンのセクシーさに胸を打たれる人も続出しているだけでなく、「キューバ料理を食べてみたい」という声も続出。そんな要望に応えて、2016年5月28日より日本に上陸した『CaféHabana』がそのプレートの再現につながりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ケヴィンの料理を再現した「ムーンライトプレート」(1500円)。作中同様に、ライムで風味をつけた鶏むね肉のグリルと、ローズマリーのリゾット米。どちらもほんのりと香草の味がアクセントになっているやさしい味で、映画を観た人ならば心に沁みるはず。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、キューバ料理でよく使われる黒いんげん豆も外せません。こちらはほんのりとした甘みとやわらか食感が暖かな気持ちにさせてくれるはず。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シャロンとケヴィンの二人の関係をモチーフにした「ムーンライトカクテル」(700円)。スカイブルーとレッドパープルの色合いが美しいフローズン・ダイキリベースのカクテルです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アーネスト・ヘミングウェイも愛飲したというフローズン・ダイキリをカラフルにしたこのカクテル。飲むごとに色合いが変化するのが楽しめます。ラムがかなり効いていており、二人をイメージした青と赤のチェリーの甘さが良いアクセントになっています。飲み心地がすっきりとしているだけに、飲みすぎにはご注意を。

20151114_211257_Moonlight_D24_0205.tif

性別を超えた愛情を情緒豊かに描いた『ムーンライト』。シャロンの純粋さや孤独の辛さと癒やし……。その重要なピースとなったケヴィンの料理で、キューバに興味を持ったという人は、『CaféHabana』のプレート&カクテルを賞味をしてみてはいかがでしょうか。コラボメニューは2017年5月31日まで。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Cafe Habana TOKYO(カフェハバナトウキョウ)

住所:東京都渋谷区猿楽町2-11氷川ビル1F
TEL:03-3464-1887
営業時間:11:00~23:00(ラストオーダーは22:30)
座席数:50席

『ムーンライト』
(c)2016 A24 Distribution, LLC 
全国公開中

映画『ムーンライト』公式サイト
http://moonlight-movie.jp/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。