体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【エヴァVR】パイロットになって使徒・ゼルエルと戦え! 「動け!動け!動いてよ!」も再現・街を破壊するとミサトさんに怒られる

3

2017年夏、新宿歌舞伎町にオープン予定のバンダイナムコエンターテインメントが手がけるエンターテインメント施設『VR ZONE SHINJUKU』に、『エヴァンゲリオン』の世界に入り込み、パイロットとしてエヴァを操縦できるVRアクティビティが史上初登場!  「エヴァを自らの手で操縦する」というエヴァファンの⾧年の夢が、いよいよ現実に! ただエヴァを操縦するだけでなく、仲間と協力して使徒と戦うVRゲームです。

2016年4月から10月の期間限定でお台場に展開していた『VR ZONE Project i Can』でプレイできた『ガンダムVR ダイバ強襲』の技術がかなり活かされているとのこと。コックピットに乗り込んで地上に射出される冒頭部分を一足先に体験してきました。

%e3%82%a8%e3%83%b4%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%b2%e3%83%aa%e3%82%aa%e3%83%b3vr%e3%80%8cthe-%e9%ad%82%e3%81%ae%e5%ba%a7%e3%80%8d%e3%83%ad%e3%82%b4

VR史上初のエヴァアクティビティの名前は『エヴァンゲリオンVR The 魂の座』。エントリープラグ内のコックピット(魂の座)を、バンダイナムコエンターテインメントが企画開発した体感マシンで再現。作中のパイロットシートをイメージしたマシンはエヴァアクティビティ専用のもの!

1 6

プレイ中はシートの可動、振動、送風などの体感ギミックにより、「エヴァのコックピット体験」の臨場感を味わうことができるのです。

乗り込み、VRゴーグルをつけて目を開けると、そこはもうエヴァのコックピット、エントリープラグの中。LCL注入、A10神経接続、シンクロ率計測など、エヴァの象徴的な発進シークエンスが展開されます。操縦レバーを握る自分の手元がきちんとプラグスーツを着用していることに、まずテンションが上がる!

%e7%99%ba%e9%80%b2%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%82%b9%e4%b8%ad%e7%94%bb%e5%83%8f

リツコの合図でLCLが注入され視界がクリアになると、NERV(ネルフ)内部の様子が目の前に広がります。左右上下、様々な方向を見てNERV内部を眺めることができるし、横を見るとエヴァの特徴的な肩の装甲、ウェポンラックが見え、“エヴァ内部から外を見ている”ことを実感。

7

射出用エレベーターに運ばれている間も、様々な衝撃によってシート全体が揺れ動いたり振動が与えられ、射出口からの発進までの緊張感を体全体で感じる、“エヴァに乗り込んでいる”体験を味わえました。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。