体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「当時医療モノでやっちゃいけないとされることを自分なりに思いつく限りやってみた」佐藤秀峰インタビュー:漫画業界の自主規制と漫画家の反抗 <後編>

佐藤秀峰先生

漫画家・佐藤秀峰先生が、漫画業界の“自主規制”を語るインタビュー、後編です。前編はこちら(http://getnews.jp/archives/173454

ききて:
ふかみん(=深水英一郎/ガジェ通発行責任者)
レイナス(ガジェ通新人記者)

リアルに描く=“残酷描写”なのか?

ふかみん:
秀峰さんが描いてるものは、“残酷描写”とは言いつつも“残酷に見せよう”とか“ホラー”とかではまったくないですよね。あくまでリアリティを追求した結果であって。

秀峰先生:
僕の場合、”残酷描写をみんなで楽しもう”っていう見せ方は、どのような場合でもちょっとしたくないんですよ。ただ、漫画というのは読者が主体的に読みたい作品と読む時間を選択できるメディアなので、どんなものでもあっていいですよね。見る自由と見ない自由があっていいと思います。

ふかみん:
こういう現実があるし、“実際その場に行ったらこういうものが見えるんだよ”っていうのをそのまま描いた、ということですよね。

秀峰先生:
そうですね。例えば、登山家が登山をしている様子を『USTREAM』で放送すると、背景に登山者の死体が普通に映り込んでたりするじゃないですか。それがテレビになると死体は排除され、編集で残るのはきれいな山の景色と吹雪だけになります。

死体なんかは普通にもう転がってて、それを映すほうが真実を伝えるんじゃないかなと思うんですよね。それを単純に“残酷だから映してはいけない”ということにしてしまっていいのかなっていう。残酷と言い切ってしまうことは、逆に亡くなった方に失礼ではないかと考えたりもするんです。

『海猿』の映画ではそういうの排除してますね(笑)。まぁ、どっちもあればいいと思います。

ふかみん:
ターゲットにもよると思いますけどね。

秀峰先生:
そういうものを排除して、きれいなものをテレビとするのであれば、テレビはそれでいいし。ネットは検索すれば死体の写真も見れるしっていう感じで、選択肢を狭めないほうがいいなと思います。

ふかみん:
それぞれの流儀があっていいけど、「佐藤秀峰流につべこべ言うな。俺のやり方なんだ」と。

秀峰先生:
そうですね。僕のやり方までそこにあてはめられたくないっていう。少なくとも漫画では。

ふかみん:
病院ものでも、たとえば『ブラよろ』だと最初の交通事故で運ばれてくるシーンとかすごいインパクトあったと思いますけど、あんなに生々しい表現って今までそんなになかったですよね。実際現場に行けばそうなんだろうけど。

秀峰先生:
あれも当時医療モノでやっちゃいけないとされることを自分なりに思いつく限りやってみたんですね。描写を生々しくしたり、主人公が誰も救えなかったり。

ふかみん:
“タブーに挑む”みたいな部分もあるんじゃないですか? 佐藤秀峰という人間は。でもそれは、わざとそこに行ってるわけではないということなんですか?

秀峰先生:
最近のエンターテインメントってそれを意図的に隠すので、その不自然さがちょっと嫌なんですよね。エンターテインメントってそんなに狭い意味だったのかな、というか。“なんでもあり”で選べるのが楽しいような気がするんで。そんな狭いものだけ与えることのほうが娯楽をナメてる気がしちゃうんですよ。

ふかみん:
ちょっと意地悪な聞き方かもしれないですけど、わざとセンセーショナルなネタに食いついていったりとか、そういうことはしてないですか?

秀峰先生:
うーん……。

ふかみん:
たとえば池田小事件をモチーフにしたのでも、自分なりにアレンジして描いたら話題になるよねっていう計算でやってるということはありませんか。

1 2 3次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。