ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【肉フェス開催中】長時間並ばずにお肉を注文&ゆったり座りながら食事できる方法はコレだ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

DSC_0136

4月28日(金)からお台場で開催されている『肉フェス TOKYO 2017 WONDERLAND』。全国各地から人気の肉料理店が集結し、会場のあちこちで香ばしいナイススメルが漂う天国のようなイベントです。

niku_3

筆者が訪れたこの日も大盛況。人気店となれば30分待ちもざらにあり、目当ての料理を食べ尽くすには賢いまわり方が求められます。そこで今回は、多くの人でにぎわう『肉フェス』で長蛇の列を回避し、なおかつゆったりと座りながら食事できる方法を紹介します。

座席予約で快適に過ごすべし

DSC_0133

イベント会場に足を運ぶ前にすべきことは、“飲食スペースのネット予約”です。そう、事前に座席を確保することができるんです!

ゴールデンウィーク期間中ということもあり、各日超満員となる『肉フェス』。料理を購入したは良いものの、空席が見つからずにウロウロ……なんてのは避けたいですよね!

DSC_0124

『肉フェス』に協賛する『ホットペッパーグルメ』は、ネット予約専用飲食スペースを会場内に設置。専用サイト(https://www.hotpepper.jp/nikufest/[リンク])から1時間半単位で希望の時間を予約でき、1回につき4名まで利用が可能(それ以上の人数の場合は複数回の予約が必要)。

DSC_0211

専用スペースはテントになっており、日陰でゆったりと食事を楽しむことができます。これならお肉を両手に会場内をさまよう必要もナシ!

ファストチケットを活用すべし

DSC_0225

座席が確保できたらお肉の調達です。しかし、目当ての店舗には長い行列ができ、せっかく予約した飲食スペースも時間切れに……そんなのは嫌だ!

DSC_0128

そんな時は“ファストチケット”の出番です。

DSC_0218

対象店舗の一般購入レーンの横に設置された“ファストチケットレーン”から、短い待ち時間で料理を購入できる『肉フェス』オフィシャルのシステム。1枚500円で、効率的に好きな店舗のメニューを食べることができるのです。

DSC_0117

『ホットペッパーグルメ』のブースでは、そんなファストチケットを無料でプレゼントする太っ腹な企画も。


ブース前のフォトスポットで写真を撮影し、「#ホットペッパーグルメ」を付けてSNSに投稿するだけで500円分がお得に。おんぶにだっこで『ホットペッパーグルメ』ブースを使い倒しましょう!

初出店の料理を攻めるべし

DSC_0184

ファストチケットよりお肉に予算を費やしたい! という方は、比較的空いていることが見込まれる“初出店”のお店を狙いましょう。昨年の評判や口コミに頼らなくても、とにかくウマい店ばかりなのです!

DSC_0162

たまねぎの甘さとコショウが効いた塩だれで柔らか~い高級霜降り牛を食す『淡路牛と淡路たまねぎのサイコロステーキ』(淡路島と喰らえ/1400円)。一皿140gと食べごたえバツグンで、飽きのこないサッパリとした美味しさ!

DSC_0136

上質な黒毛和牛の赤身肉をバジル&チーズのソースでいただく『黒毛和牛A4、A5の厚切りステーキ バジルチーズソース』(肉屋の量売り食堂 听屋/1400円)。噛めば噛むほど肉の旨みが増し、バジルの爽やかな香りとガーリックチップスの食感が絶妙なアクセントに。

DSC_0177

噛みごたえのある北海道産牛と、ふわとろのハンガリー産フォアグラをバルサミコソースでリッチにいただく『北の大地!道三牛とフォアグラのロッシーニ串』(北海道炭火焼きイタリアン 炭リッチ/1400円)。1皿に2本、異次元コスパ!

いずれも『肉フェス』初出店の料理ですが、もう大・大・大・満・足!

『肉フェス』は5月7日(日)まで開催中。ゴールデンウィークの予定が決まっていない方は、今すぐ座席を予約してお台場へGOです!

DSC_0102

『肉フェス TOKYO 2017 WONDERLAND』開催概要

日時:2017年4月28日(金)~5月7日(日)10:00~21:00(4/28、5/1、5/2は12:00~21:00)
会場:お台場肉フェス特設会場(東京都江東区青海)
料金:入場料無料/食券・電子マネー利用可能
※食券は1枚700円(税込み)

『ホットペッパーグルメ』×『肉フェス TOKYO 2017 WONDERLAND』予約サイト:
https://www.hotpepper.jp/nikufest/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。