体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題の藤井聡太四段はリアル・桐山零? 『3月のライオン』の登場人物を実在のプロ棋士に例えてみた

640

いま将棋界で快進撃を続ける、最年少プロ棋士、藤井聡太四段。先日インターネットテレビ局「AbemaTV」の番組で、非公式戦ながら羽生善治3冠を破り話題になりました。その姿は、将棋を題材とした映画『3月のライオン』(前編・後編、絶賛公開中)の主人公・桐山零と重なるところが多く、「リアル桐山零」と言われるほど。

というわけで、映画の撮影でも将棋監修を務めた指導棋士・田中誠さんに、映画『3月のライオン』の登場人物を実際のプロ棋士にわかりやすく例えてもらいました!

【桐山零→藤井聡太四段】
(現役最年少プロ棋士、中学生でプロとなった)

DSC09868

例えるならば、藤井聡太四段でしょうか。(連載当時、藤井四段は将棋をはじめていませんが、現実が漫画を追い越しました)
佇まい指し方は、豊島将之八段を元にしており、映像参考資料としても使用しました、棋譜も多く取って来ています。でも、それ以上に神木さんの桐山零くんは将棋指しっぽい雰囲気を出しておりました。

【二海堂晴信→ 村山聖九段】
(病気を抱えながらも懸命に将棋と向き合った熱血漢)

DSC02693+

僕は村山先生と少し親交があったのですが、染谷さんが本当に村山九段の様な喋り方をしていて驚きました。

【宗谷冬司→羽生善治三冠と谷川浩司九段】
(史上初の7大タイトル全冠制覇を成し遂げた)

OK0C7A8676a+

羽生善治三冠と谷川浩司九段が元になっております。佇まいは、谷川先生を、実績は羽生先生を元にしております。映画で演じられた加瀬さんは物凄く映像を見て、時間を掛けて役作りをされて居ました。

【島田開→木村一基八段】
(島田研究会を開き、若手棋士との研究にも力を入れる頼れる棋士)

OKDSC00398

映画の島田開さんを例えるならば、木村一基八段でしょうか。棋譜と髪の毛ネタは木村一基八段を元に考えております。また、姿佇まいはみなさんご存じの通り演じられた佐々木蔵之介さんご自身です。

【後藤正宗→郷田真隆九段】
(重厚な棋風が持ち味)

307A7759+

映画の伊藤英明さんを見ると、棋士に例えるならば、若い時の郷田真隆九段がそのまま40代になったらと言ったイメージでしょうか、若い時のイケメン、重厚な気風と鋭い視線と言った辺が合っております。(実際は体を壊されました)

【三角龍雪→伊藤果八段と久保利明王将】
(将棋も性格も軽さが売りの持ち主)

OKDSC05949

将棋から推察するに、伊藤果、詰将棋作家として有名で、気風がほぼおなじ。身長も高く、若い時の写真を見ると本当に三角みたいな感じです。今の棋士に例えるならば、クールな佇まいの久保利明王将でしょうか?

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。