体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スイーツにきざみ海苔とあられ!? こだわりの進化『ハロハロ みたらし団子』を食べてみた[PR]

全体

和スイーツファンに朗報です! ミニストップから2017年の『ハロハロ』第2弾となる新商品『ハロハロ みたらし団子』が5月5日より登場します。『ハロハロ みたらし団子』は『ハロハロ 黒蜜きなこ』に続き、これまでにない和の『ハロハロ』第2弾。

試食会会場の様子

ガジェット通信は、発売に先駆けて4月26日に開催されたメディア向けの試食会に参加しました。一足お先に試食してきた様子をレポートします!

『ハロハロ みたらし団子』外観フォトレビュー

はろはろ縦

新商品の『ハロハロ みたらし団子』。

上からみた図

カップに入ったソフトクリームの周りに、みたらし団子ときざみ海苔、あられがトッピングされたインパクトのあるビジュアルです。お茶漬けにどことなく似ていて、一目で“和”を感じます。これまでの華やかなハロハロとは違う進化を遂げている模様。

『ハロハロ みたらし団子』開発の背景

まずは『ハロハロ』の歴史から学びます。『ハロハロ』は1995年にパフェ感覚で氷をたべられるデザートというコンセプトで誕生したスイーツ。発売から、今年で23年目となる『ハロハロ』。

やまもりさん

初代『ハロハロ』のラインアップはラムネといちご。当初『ハロハロ』は(カップの下から)ゼリー、氷、ソフトクリームの順でしたが「最初からゼリーも楽しみたい」といったお客さんの声を反映。1996年から形を変更して、氷、ゼリー、ソフトクリームと並ぶ現在の原型になったのだそう。

ハロハロの歴史

そして2014年から、本格的に女性をメインターゲットにした商品が発売されるように。

今まで『ハロハロ』といえば「中高生や男性」がメインターゲットの商品が多かったのを一新。白くま、黒蜜きなこ、練乳いちごなど、トッピングや見た目を重視して女性をターゲットにした商品を続々と開発しました。

zukawa

「社会人の女性はだんだんと“かき氷”から離れてその他のスイーツに流れていってしまうので、そんな女性に戻ってきてほしい、という思いを込めて開発しました」と開発担当者の頭川さん。

1 2次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。