体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アナタはいくつおぼえてる? ~懐かし文房具博覧会~

ヤーマン:「ヤッホー!ヤーマンだよ。
山と溪谷社の営業部員のヤーマンだよ。
新年度が始まって、何だかウキウキ。春だからかなぁ♪」

小学生になったばかりの頃、いろんなことが新鮮で、ワクワク♪ドキドキ♪
そんな私たちの毎日を彩ってくれた“文房具”。授業で活躍した鉛筆や消しゴム、休み時間になると出てきた秘密兵器。懐かしい文房具たちに再び逢ってみませんか?

永遠のスタンダード!

初めて使った筆記具と言えば、きっと多くの人が鉛筆と答えるでしょう。そんな鉛筆の中でも定番中の定番、“ハチキュー”の愛称でも親しまれている、トンボ鉛筆の“8900”は、誰もが一度は使ったことがあるはず。黄色いダース箱と、オリーブグリーンの鉛筆軸のデザインは、1948年以来、ほぼ変わりません。

ヤーマン:「ボクは2Bが好きだなぁ。だって筆圧強いんだもん」

ノートといえば、ショウワノートの“ジャポニカ学習帳”。表紙には動植物の美しい写真、裏表紙には学習図鑑。この写真を撮影するために、写真家の山口進さんと取材班が世界中を回り、動植物の写真を撮り続けています。1978年に“熱帯アジア編”から始まって、なんと現在も“アフリカ編”の取材中!こくご・さんすう・理科・社会・れんらくちょう・じゆうちょう……、など、用途によって使い分けましたよね。

ヤーマン:「わー、なつかしー! ボクも表紙に採用されないかなぁ。。。」

これまたトンボ鉛筆社製の“モノ消しゴム”。最初は、最高級鉛筆“MONO100”のオマケでしたが、よく消えると話題になり、1969年の発売以来、愛され続けています。ところで上の写真のように、大小様々なサイズがあるって知っていましたか?

ヤーマン:「ボクの汚れているところも消えるかなぁ。。。」

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。