体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【体験レポ】3泊4日のバスツアー! 居酒屋“塚田農場”運営会社の入社式がスケールでかすぎた件

社長、モアイじゃん。そう思った。

変な……いや、工夫を凝らした入社式を行う企業が、このところ増えている。地鶏居酒屋“塚田農場”などで知られるエー・ピーカンパニーも、2017年4月、一風変わった入社式を行った。

バスツアー、モアイ、バーベキュー。“塚田農場”の地鶏が育つ、はじまりの地・宮崎県に、全国から90名の新入社員が集うのだ。3泊4日で。

面白そうなので取材に向かったら、なんと筆者も新入社員の一人として扱ってもらえることに。ちゃっかりバーベキューに参加し、“塚田農場”名物『じとっこ炭火焼』(※みやざき地頭鶏を焼いたもの)をつまみに酒を呑んでいた。そこで、すごいものを見た。

「そろそろ閉会でーす!」

その一声を聞き、社員たちが何をしたか。

残り物をすべてかき集めはじめたのである。ごみ袋ではなく、冷蔵車に。

「明日も食べられる!」
「ウチ、まだ食べたい!」

ハムスターみたいにほっぺたを膨らませ、おにぎりを大急ぎでほおばる新入社員もいた(かわいかった)。

エー・ピーカンパニーでは、食べ物を大切にする。それは、お客さんとして“塚田農場”に行って、『じとっこ炭火焼』を注文しても感じられることだ。食べ残しがあると違う調味料を持ってきてくれたり、鶏油(ちーゆ)まで余さず別の料理にしてくれたり(※店舗によってサービスは異なる)。直接契約の農家から仕入れた地鶏も、捨てるのは頭・羽根・内臓の一部だけ。ほとんど一羽まるごとを、食用に加工している。

食べ物を大量に捨てる飲食業者も珍しくない中、なぜ、“余さず頂くこと”に挑み続けられるのか。っていうか、なぜモアイなのか。その理由を、入社式から探してみよう。

APカンパニー入社式の会場

モアイが見守るテーマパーク“サンメッセ日南”にて、雨の中行われた入社式。会場のスケール感、はんぱない。

新入社員同士で協力し合い、雨をしのぐ。

筆者も新入社員扱いなのでここに座ったのだが、社員さんは私のイスまで拭いてくださった。

モアイとメディアに取り囲まれる新入社員、青山さん。ちょっとびびるよね。

社長・米山久氏のスピーチも、ファンキーだった。

「皆さん、これから変わっていくエー・ピーカンパニーにとって、本当に必要な人材です。僕ら、このへんのジジイがずっとやってる場合じゃなくてね。早く社長を楽にさせてください」

そんな社長と、宮崎県日南市長・崎田恭平氏のトークセッション。天候のため、サンメッセ日南の世界昆虫展展示室に場を移しての開催となった。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会