体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NECカシオ『MEDIAS』春モデル発表会 Androidスマートフォン『MEDIAS ES N-05D』とタブレット『MEDIAS TAB N-06D』をお披露目

NECカシオ『MEDIAS』春モデル発表会 Androidスマートフォン『MEDIAS ES N-05D』とタブレット『MEDIAS TAB N-06D』をお披露目

NECカシオモバイルコミュニケーションズは、『MEDIAS』春モデルの製品発表会を開催。ドコモから3月1日に発売予定のAndroidスマートフォン『MEDIAS ES N-05D』と、先日ドコモとmmbiがマルチメディア放送『NOTTV(ノッティーヴィー)』対応端末として発表した、4月発売予定のAndroidタブレット『MEDIAS TAB N-06D』をお披露目しました。

『MEDIAS』第2世代

両モデルは、『MEDIAS』の第2世代に位置づけされる製品。『MEDIAS ES N-05D』は、初代『MEDIAS』の『MEDIAS N-04C』、防水機能を追加した『MEDIAS WP N-06C』に続く薄型でスタイリッシュなスマートフォン、『MEDIAS TAB N-06D』は『MEDIAS』シリーズで初となるタブレットです。

薄型・軽量が特徴

『MEDIAS ES N-05D』は、厚さ6.7mm、重量109gと薄型・軽量なのが特徴。『MEDIAS』が7.7mm、『MEDIAS WP』が7.9mmだったのに対して、デュアルコアCPU搭載で基本性能を向上しながら、より薄くなりました。ディスプレー面には『Corning Gorilla Glass』、側面にはアルミフレーム、本体にはステンレスと樹脂のハイブリッドフレームを採用して強度を持たせています。側面から背面にかけてはラウンド形状になる“レイヤードスタイル”を採用。持ちやすさを向上しています。

基本性能もアップ

Android OSのバージョンは2.3.6、CPUは1.5GHzの『MSM8260』のデュアルコア、内蔵メモリー容量は4GB、バッテリー容量は1400mAh。防水、防じん、ワンセグ、『おサイフケータイ』、赤外線に対応します。

『Exmor R』を搭載した810万画素のカメラ

ディスプレーには4.3インチ、1280×720ドットのHD液晶を搭載。810万画素のカメラには、暗い場所での撮影に強い裏面照射型CMOS『Exmor R for mobile』を採用しました。カメラ起動時間と撮影間隔が0.7秒の『瞬撮カメラ』機能も搭載しています。

ディスプレー面 背面 側面

タッチ&トライコーナーで実機を触ってみましたが、やはり薄さと軽さが印象的。大容量バッテリー搭載の『MEDIAS PP』、女性向けの『MEDIAS CH』『MEDIAS BR』、LTE対応の『MEDIAS LTE』とラインアップを拡充する一方、初代『MEDIAS』の“薄い”というイメージはぼやけてきていましたが、「薄いMEDIAS」のイメージを再度確立することに成功しています。ちなみに『MEDIAS ES』の「ES」は「エクストラ・スリム」の略。画面をタッチするとバイブで反応する『タッチフィードバック』も印象的なので、店頭で見かけたら試してみてください。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。