体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

金曜夜8時が楽しみで仕方なかったプロレス黄金時代を過ごした人たちには胸アツな一冊。

たちまち重版決定の話題書『1000のプロレスレコードを持つ男』清野茂樹 著(立東舎)

プロレスの醍醐味といえば、リング上での熱い戦いはもちろんですが、大好きな選手の入場シーンでの高揚感は、その時代を通過した少年たちにとってはテーマの出だしが流れるだけで、アドレナリン全開でヒーロー登場のそれと同じものがありました!

清野氏はプロレス世界3大メジャー団体を実況する唯一のアナウンサー。

今回紹介する『1000のプロレスレコードを持つ男』は現在のプロレス実況の第一人者である筆者、清野茂樹さんが幼少の頃から集め続けたプロレス関連のレコードのコレクションを中心に紹介しており、彼のプロレス愛が溢れまくった内容になっています。

人形も顔が命だが、プロレスレコードも顔が命!

『燃える闘魂 アントニオ猪木』アントニオ猪木(CBSソニー/’76年)

プロレスファンだけでなく、日本国民、いや世界で最も知名度があるプロレスラー、アントニオ猪木。筆者曰く、猪木のいちばんの魅力である顔が楽しめるのがレコードだとのこと。確かに猪木のレコードのジャケットから滲み出る凄みを見れば、猪木なら何をやっても許されてしまう気がしてしまいます。

ジャイアント馬場も歌います!


プロレスレコードといえば選手の入場曲!と思いがちでしょうが、実はプロレスラー自身が歌うレコードも数多く存在します。本著の中では、そんなレスラーの歌声が聴ける名盤も紹介されています。

『らしくもないぜ』木村健悟(クラウン/’85)
セールスと歌唱力が評価されて発売された3枚目。藤波とのコンビでWWFインタータッグ王者になった直後に吹き込まれた。(本書より)

プロレス界一の美声と言われる木村健悟はプロ歌手もびっくりの歌声でレコードを残しています。

『マッチョ・ドラゴン』藤波辰巳(ポリドール/’85)
エディ・グラントの「街角ボーイズ」のカバーであることはあまり知られていない。ジャケットのサインは作詞を手かげた森雪之丞にもらったもの。(本書より)

対して当時、木村健悟と共にWWFインタータッグ王者だった藤浪辰巳はリング上の実力は勝っていましたが、 歌に関しては、サブカル界では伝説の迷盤「マッチョ・ドラゴン」を聴けば…… やはり歌の軍配も藤波に上がります(笑)。



なんと東洋の巨人、ジャイアント馬場の歌声が収録されたレコードも存在するそうです。

『日本プロレス愛唱歌集 われらチャンピオンは歌う』

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会