体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自作フリー素材がいつの間にかWMGの著作物になってた事件

自作フリー素材がいつの間にかWMGの著作物になってた事件

■Scott先生って誰?

Image-Line社の「マーケティングマネージャー」です。告知全般からヘルプファイル執筆、解説動画の作成、掲示板でのユーザーサポートなど幅広い仕事をしているので、FL Studioユーザーならば誰もが一度は何らかの形でお世話になっているはずです。

その紳士的な物腰から、日本のユーザーは親しみをこめて「Scott先生」と呼んでいます(ちなみに前職は本当に大学講師だったんだとか)。しかしいい人すぎるためか、ネット上ではしょっちゅうgolさん(*1)におちょくられているところを目撃される損な人だったりもします。

彼はImage-Line入社前から10年以上音楽活動に携わっており、プライベートでもいろいろな音楽や動画を製作しています。今回槍玉に挙がったのはそんなプライベート名義の作品の一つです。

*1 : golさんについてご存じない方は、私の 過去 記事 をてきとうに流し読みすればだいたいわかります。

■事件のあらまし

Scottは自分が主催するブランド「digifish music」名義で、2008年にこの音源を公開しました。

http://www.freesound.org/people/digifishmusic/sounds/65387/

いわゆるアトモスフィア音源、つまりメロディのないふわーっとした感じの長廻し素材です。何かの映像のBGMに混ぜるには最適ですね。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CC BY 3.0)ですので、クレジットさえ明記すれば誰でも自由に改変・商利用できます。皆さんも自分の音楽や動画に使用できます。ディレクトリをたどれば他にもたくさん無料素材がありますから、興味を持った方は覗いてみて下さい。

Will Havenというアメリカのメタルバンドも、この素材をダウンロードした中の一人でした。2011年発表の曲「LOST」の中で使われています。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=y-zT9I2ztgM#t=267s

4:30あたりからほとんどそのまま挿入されてますね。もっとも使用方法自体に問題はありません。

時は流れて今月、Scottが自分の素材を再利用して新しい動画を公開したところ…

http://www.youtube.com/watch?v=NyyY-mzxoI8&feature=player_embedded

 

自作フリー素材がいつの間にかWMGの著作物になってた事件

なんと自動で「このコンテンツの権利者はWill Haven」であることを表すタグがつけられ、閲覧制限がかかってしまいました。

直ちに抗議を行ったものの、返ってきた返事は「却下」。それに伴い著作権侵害の警告までもが通達されたとのことです(*2)。さすがのScott先生もこれには憤慨。さっそくFL Studio公式フォーラムの一角を私物化…もとい間借りしてスレッドを立て、状況説明と問題提起を行いました。

このスレッドにはゴルッパゲさんも登場しており、Scottにこんな声をかけています。

http://forum.image-line.com/viewtopic.php?p=647603#p647603

1 2 3次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。