体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いれたてのような味わいはどうやって実現したのか? 開発のこだわりがわかる『ジョージア ヨーロピアン』ワークショップに参加してきた[PR]

猿田彦珈琲さんと開発者さん_2

昨今、缶コーヒーがどんどん進化しているのはご存知でしょうか? 缶コーヒー市場売上本数シェアNo.1ブランド※『ジョージア』から、スペシャルティコーヒー専門店『猿田彦珈琲』監修のもと『ジョージア ヨーロピアン』の味わいとパッケージがフルリニューアルされ4月3日より発売。

虎ノ門カフェ

これにともない『ジョージア ヨーロピアン』の進化した香りとコクをいち早く楽しめるイベント『いれたてヨーロピアン体験』が、4月8日(土)まで東京・虎ノ門ヒルズに期間限定でオープンする“GEORGIA EUROPEAN CAFE(ジョージア ヨーロピアンカフェ)”にて開催中。

今回、筆者は豆や焙煎、抽出の各工程でコーヒーの味わいの違いを勉強するプレス向けワークショップに行ってきました!

『ジョージア ヨーロピアン』ワークショップに参加!

georgiae3

ワークショップでは、講師として『ジョージア ヨーロピアン』開発担当者の立花さんと『ジョージア ヨーロピアン』の監修を務める猿田彦珈琲の大塚さんが登壇。

立花さん、大塚さんに今回教えていただいたのは、

・ヨーロピアンの豆のカッピング「豆ごとの味の違い」
・焙煎による味の違い「アロマ密封焙煎豆と通常焙煎豆の違い」
・抽出による味の違い「抽出時間それぞれの味の違い」

の3パターンによるコーヒーの味わいの違い。試飲や大塚さんの実演を見ながら、豆や焙煎、抽出などについて勉強します。取材陣はエプロンも着用して、この時間限りのコーヒー開発担当者気分に。本格的!

カッピング体験 まずはコーヒー豆の香りをチェック

ガテマラ 3種類の香

筆者はまずは、豆のカッピングから体験。カッピングとは、コーヒーの風味をダイレクトにテイスティングする判定方法。

『ジョージア ヨーロピアン』で使われている3種類の豆が配布されました。まず、そのままの状態で、香りをかいでみます。

そのままの香

立花さん、大塚さんは、

・コロンビア …… 豊潤な甘味とやわらかい苦み、コクがある。豊かなフルーティーさが特徴で、酸味も控えめ。
・ブラジル …… 全体的に酸味が抑えられて、しっかりとした珈琲のロースト感とボディが特徴。ちょっとナッツのような重厚な香りが特徴。苦みがやわらかく、バランスがよい。
・グアテマラ …… 上品な酸味の中の甘い香りと若干、百合のようなフローラルさ、ほどよいコクと芳醇な味わいが特徴。

と、今回『ジョージア ヨーロピアン』に使われているそれぞれの豆の特徴について解説。

1 2 3 4次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy