体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おいしいだけじゃなかった! 色にカタチに名前にときめく和菓子の世界。

「ヤッホー!ヤーマンです。
祝日「山の日」を勝手に応援している山と鳥のハーフのヤーマンです。
山と溪谷社の営業部員のヤーマンです。」

yaman-web03

ヤッホー!
ヤーマン、はじめまして。
京都に暮らす、ライターの高橋マキです。

いきなりだけど、ヤーマン、和菓子はお好き?

僕は“みたらしだんご”が好きだよ!

左上から時計回りに、みたらしだんご、薯蕷まんじゅう、麩焼きせんべい、最中
※写真は『ときめく和菓子図鑑』より引用

ひとことで「和菓子」と言っても、それぞれに思い浮かべるものは違いますよね。

おまんじゅうもようかんも、おせんべいも飴も「日本のお菓子」だから、和菓子を生まれて一度も食べたことがない、という方はいないと思うのですが、だからと言って、じゃあ、例えば外国の方に「和菓子って何?」と聞かれた時にしっかりと堂々と、答えることができる人って意外と少ないと思うんですよ。

素材は何でできてるの?
どうしてこういう形なの?
この名前はどういう意味なの?

ってね。ヤーマンは、どうかしら?

‥‥うん、たしかに自信ないかも。

わたしたち日本人にとって「身近だから知ってるようで、実はよく知らないもの」、そのひとつが和菓子じゃないかと思うんです。
それで、『ときめく和菓子図鑑』という、誰にでもわかりやすく和菓子を解説した本をつくりました。
写真もたっぷりで、パラパラと眺めるだけでも癒しになる一冊なんですが、眺めて味わった後は、じっくり読んで、2度美味しい。そんな本になったので、今日はちょっと紹介させてください。

例えば、歴史的なこと。

▲清浄歓喜団

和菓子の始まりは、栗や柿、みかんなどの果実だったと言われています。その後、和菓子が今のカタチに至るまでの歴史的ターミングポイントは3つ。

(1)遣唐使や高僧により、大陸文化最先端の「唐菓子」が日本にもたらされたこと。
(2)安土桃山時代に宣教師らによって南蛮菓子と砂糖が輸入されたこと。
(3)平安後期~、茶の湯の洗練された美意識が、菓子に大きな影響を及ぼしたこと。

ちなみに、上の写真のフシギなカタチのお菓子は、略して「お団」と呼ばれるもの。
(1)に該当する遠く奈良時代、遣唐使により伝えられた唐菓子(からくだもの)の一種で、千年の歴史を昔の姿そのまま、京都の「亀屋清永」に今も伝わるお菓子なんですよ。

1300年もの時を超えて今も食べられるなんて、ロマンがあるね。

お供え菓子「神饌(しんせん)」として現代に残っているんだけど、京都のお店に行ったら、ヤーマンも買えるよ。こしあんと7種類のお香が入っているの。
戦国時代、京都で織田信長に謁見(えっけん)したキリスト教の宣教師が、フラスコ入りの金平糖を献上したという記録も残っているそう。南蛮趣味で知られた天下人の信長にとって、最高の贈り物だったでしょうね。
金平糖って駄菓子でもあり、とっておきでもあるんです。京都には、今でもとっておきの金平糖を2週間以上もかけて昔ながらに手作りするお店も残っているんですよ。

▲フラスコ入りの金平糖

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。