ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Google、Androidマーケットにアプリを自動検査するマルウェア対策システム“Bouncer”を導入

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


Androidアプリのマルウェア問題が日々伝えられている中、Googleが『Androidマーケット』のマルウェア対策機能として“Bouncer”(コードネーム)と呼ばれるシステムを導入したことを同社のブログを通じて明らかにしました。

“Bouncer”は『Androidマーケット』上のアプリを裏で自動的に検査するシステムで、アプリがアップロードされると即座にスキャンを開始して、既知のマルウェア/スパイウェア/トロイの木馬などがないかをチェック。既知の悪意のあるコードが見つかった場合にはアプリのアップロードを遮断するそうです。

また、『Androidマーケット』のアプリはクラウド上の仮想マシンで実行し、Android端末でどのように動くのかをシミュレート、スキャン済みアプリとの比較も行い不審な行動がないか日々分析しているそうです。

さらに同一人物が別の開発者アカウントを使って不正なアプリの配布を繰り返さないようにすることを目的に、新規の開発者アカウントの分析も行っているそうです。Googleは以前より“Bouncer”のテストを実施しており、マルウェアとみられるアプリのダウンロード数が2011年前半と比較して40%減ったとしています。
Source : GoogleAndriod Central


(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS未発表のタブレット「TF300T」が中国で見つかる、新しいEee Pad Transformer?
iidaの新スマートフォン「INFOBAR C01」が本日発売
2011年の携帯電話出荷台数シェアでAppleが3位に浮上、LGが4位に転落(IDC調査)

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。